日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

美しい背泳ぎの第一歩、足首がしなる柔らかいキックに挑戦

額の上にゴーグルを載せたバタ足にも成功

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 背泳ぎが大の苦手だ。というのも、水の上に浮き続けるのが難しく、鼻から水が入ってツーンとした痛みを感じることを恐れているから。前回の記事「背泳ぎで楽に浮くには「パッ」「ハー」「ウン」の呼吸法」のレッスンでは、中央大学水泳部の高橋教授から、仰向けの状態でも体が沈まないようにするための呼吸法「パッ」「ハー」「ウン」や姿勢の作り方を教わった。今回のレッスンでは、キックを加えて、背泳ぎのバタ足で進むのが課題である。

 クロールでは、足の甲を進行方向の逆に押し出すキックを行うことで推進力を得ていた。その仕組みは背泳ぎのキックも同じだ。クロールは脚を水面から下ろす際に足の甲を後方へ押し出すのに対して、背泳ぎでは脚を水面へ上げる際に足の甲を後方へ押し出す。まずは、プールサイドで高橋監督の模範演技を見学した(下の写真を参照)。

 「背泳ぎのキックでは、足首に力を入れず、足首から足先までをしならせるような感覚で蹴り上げるのがコツです。水中から蹴り上げた足の甲が水面近くまできたら力を入れて、足首のスナップをピッときかせてください」(高橋監督)。

高橋監督による背泳ぎのキックの動きの模範演技
[画像のクリックで拡大表示]
(1)脚をやや内股気味にしたうえで、左足の指が足首に対して内側に来るように、足の甲を内側に傾ける。(2)左足首をしならせるような感覚で、左脚を水面に向けて上げる。(3)足の甲が水面近くまできたら、足首のスナップをピッときかせる。(4)~(6)左脚と同様に右脚のキックを行う。
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について