日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

ストロークとキックの動きをバッチリ同期

シュワーシュワーと水を切る、2ビートのクロールをマスターする

 稲川哲浩=日経Gooday

ストロークの腕と同じ側でキックを合わせる

 続いてプールに入り、まずは入水した腕と逆側の脚のキックのタイミングを合わせる方法を試すことにした。しかし、水中で実際に泳いでみると、シミュレーションの感覚とは大違い。本来のキックとは真逆の動きをしてしまったのだ。左腕の入水と同時に右脚を下向きへキックしなければいけないところを、上向きにキックしてしまっていた。前日に予習のつもりでやったプールでのトレーニングから、キックする方向を逆にしており、その癖が付いてしまっていたのだ。一度付いた癖を直すのは大変なことだった。

記者の泳ぎはキックの向きが逆になってしまっていた
(1)左腕の入水と同時に右脚を下向きへキックしなければいけないところを、上向きにキックしてしまっている。
[画像のクリックで拡大表示]
(2)逆側の動きでも、キックの向きが逆になっている。なお、体の姿勢を保ちやすく、腕と足のタイミングの練習に集中しやすいという理由から、足にはミニフィンを付けている。
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで、高橋監督が矯正に乗り出した。何と水中で記者の足首をつかみ、クロールの進行に合わせながら、ちょうど良いタイミングで足の上げ下げを行ってくれた。文字通り手取り足取りの指導を受け、体が何となくタイミングをつかめたような気になってきた。しかし、完全にタイミングが合う状態までには至らなかった。

高橋監督が記者の足首をつかみながら調度良いキックのタイミングを教えてくれた。
[画像のクリックで拡大表示]
左腕の入水と右脚のキックのタイミングが合いかけてきたが、右腕のストロークが先に進みすぎており、まだ完全には合っていない。
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について