日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

ストロークとキックの動きをバッチリ同期

シュワーシュワーと水を切る、2ビートのクロールをマスターする

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 クロールを美しく見せるためには、当初学んだ泳ぐ姿勢や、前回マスターした「リリース」「リカバリー」のようにフォームを整えることが大切だが、加えて泳ぎのリズムも欠かせない要素となる。美しいクロールの完成に向けて、中央大学水泳部の高橋雄介監督から今回学ぶのは、腕(ストローク)と脚(キック)の同期(タイミング)である。

 恐らく水泳をきちんと習ったことのある人でなければ、腕と脚を一定のタイミングで同期させるとは、考えてみたことすらないのではないか。記者も例外ではなく、腕のストロークをしながら、脚はバタ足をひたすらバチャバチャとし続けるものだと思っていた。しかし、「そうした泳ぎ方では美しくないばかりか、スピードも上がっていかない」と高橋監督はいう。

長距離をゆっくり泳ぐには「2ビート」でキック

 「クロールの主なキックには、長い距離を泳ぐのに向く『2ビート』と、短距離で速く泳ぐのに効果的な『6ビート』があります」(高橋監督)。「これはドラムの話か」と思ってしまったが、片腕でストロークする間に片脚で1回キックを入れるのが2ビートで、3回入れると6ビートになる。

 きちんとしたタイミングの取り方を教わる前に記者の泳ぎを高橋監督に見てもらったところ、「8ビートになってますね」と指摘された。実際は何も考えずに細かくバタ足をしていただけだったが、片腕1回のストロークの間に4回のキックが入っていたようだ。この状態から、今回はスピードアップではなく、美しいクロールを目指すということで、2ビートの方法を教わることになった。

 まずは高橋監督の泳ぎを拝見する。記者の泳ぎでは細かいバタ足のバチャバチャした音しか聞こえてこないが、高橋監督の泳ぎでは1回のストロークごとに“シュワー、シュワー”という小気味良いキックの音が聞こえてくる感じだ。腕と脚のタイミングの合わせ方は、下の写真のようになる。 

高橋監督の「2ビートで」タイミングを取ったクロール
左手が入水すると、右手はストロークで水をかく「パワーポイント」の位置にある。このタイミングで右脚を下向きの方向にキックする。
[画像のクリックで拡大表示]
左の写真とは逆の動きになる。
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について