日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

ゆったりとしたリカバリーで優雅なクロールに進化

手首の力を抜き、肩甲骨の可動域を高める

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 クロールを美しく見せるためのハイライトとも言える「リリース」「リカバリー」。前回(「美しいクロールのハイライト、水上で腕を戻す動きを学ぶ」を参照)のレッスンでは、腕を水中から水上に出して前に戻すこの行程を、中央大学水泳部の高橋雄介監督に教わった。プールサイドで腕の動きを模倣する“シャドウスイミング”では、肩甲骨を内側に寄せて進行方向へずらす動きを行うのに四苦八苦。しかし、プールに入り、ビート板で左腕を支えながら右腕だけでストロークを行う練習に進むと、肩甲骨がスムーズに動くようになってきた。そのコツは、リカバリーの際に体を少し横に傾けることだった。

 「今回はビート板を使わずに泳いでもらいますが、ちょっと複雑なリリース、リカバリーの動きのポイントを今一度整理しておきましょう。まずは腕を動かそうとするのではなく、肩甲骨を内側に寄せて上げる動きを主導に、指先や手首の力を抜くこと。そうすると、自然に指先は後ろ(進行方向の逆)を向き、親指が下側に来るはずです」(高橋監督)

リリース、リカバリーの動きのポイント
[画像のクリックで拡大表示]
(1)肩甲骨主導で手の力を抜き、ポケットから手を出すように「リリース」。(2)水上で腕を戻す行程では肘を立て、手は脱力した状態をキープ。(3)指先は後ろ(進行方向の逆)を向き、親指が下側に来る。(4)~(6)腕が前側に来たら、入水に備えて指先を前方に向けていく。

 「さあ、いよいよ実戦だ」と記者が気合いを入れたところで、「いえいえ、次はミニフィンを足に付けてやってみましょう」と高橋監督に待ったをかけられてしまった。腕の動きの練習なのに、なぜミニフィンを使うのかと思ったが、フィンを使うと進みやすくなるので、その分だけ腕の動きに集中できるのがその理由だった。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について