日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

ストレートプルのストロークをプールで実践

複雑な腕の動きの習得に四苦八苦

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 クロールにおいて腕で水をかくストロークの動きは、プールサイドにいる人からは見えにくいが、前進する勢いや方向を決める大事なもの。このため、泳ぎの美しさにも大きな影響を与える。今回は中央大学の高橋雄介監督の指導を受け、手のひらを常に進行方向とは逆の真後ろに向けた状態で水をかく「ストレートプル」を修得することを目指した。

 前回(「クロールのストロークの動きをスカーリングで学習」)のレッスンでは、こうしたストロークの腕の動きをマスターするためのドリルである3種類の「スカーリング」の動きをプールサイドで教わった。今回はこのドリルをプールの中で練習する。

なぜか指の間が開いてしまう…

 まずは、「キャッチ」直後のストロークの感覚を修得する「フロントスカーリング」からだ。前回プールサイドで練習した際には、水をかくために手を後方に動かそうとすると、肘が下がってしまった。そこで、「肘を高く保ち、肘から先しか後方へ動かさないように」と高橋監督から注意を受けていた。

 その点を注意しながらプールでスカーリングを行ったが、肘の動きに気を取られすぎ、なぜだか指の間が開いてしまった。これでは推進力が損なわれてしまうため、指の間を閉じて、つかんだ水を逃さないように気を付けた。

フロントスカーリング
[画像のクリックで拡大表示]
「キャッチ」直後のストロークの感覚を修得するスカーリング。腕の動きに集中するため、股の間にプルブイをはさみ、脚が浮きやすい状態でレッスンを受けた。肘の高さを変えない点に気を取られすぎ、なぜだか指の間が開いてしまった。
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について