日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

クロールのストロークの動きをスカーリングで学習

手首の微妙な動きを繰り返し体にたたきこむ

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 美しいクロールの達成に向けて、入水した手をスーっと伸ばす「ストレッチングタイム」の動きを前回(「ストレッチングタイムでスーッと伸びる泳ぎを習得」)のレッスンでバッチリ習得。さらに、水を手のひらでつかむ「キャッチ」までの動きを中央大学水泳部の高橋雄介監督に教わった。今回は手のひらでつかんだ水を体に沿って後方へ送り出し、クロールで前方へ進むための推進力を生み出す「ストローク」の動きを学ぶ。

 ストロークで気をつけるポイントをまとめると、「手のひらを進行方向とは逆の真後ろに向けたまま、手の軌道が直線になるようにかく」ということだ。「従来は手のひらを体の外側、内側、外側の順にかくS字ストロークで泳ぐのが主流でしたが、これだと推進力が左右の方向に分散するので効率的ではありません。ひどくなると、左右に蛇行しながら泳ぐことになってしまうので、見た目にも美しい泳ぎとは言えなくなってしまいます」と高橋監督が教えてくれた。

高橋監督によるストロークの模範演技
[画像のクリックで拡大表示]
(1)「ストレッチングタイム」で腕を伸ばす。(2)「キャッチ」で肘を立て、水をやさしくつかむ。(3)~(6)肘を立て、手首を曲げ、手のひらを後方に向けたまま真っすぐ水をかく。(7)(8)手が肩より後方までくると、手のひらを反らせて後方に向ける形になる。(9)(10)親指を下に、指先を後方に向けた状態で「リリース」(手を水の上へ上げること)に移る。
高橋監督のストロークを前から見たところ
[画像のクリックで拡大表示]
肘が立った状態で、手のひらが後方を向き、体に沿って真っすぐ水をかいていることが分かる。
横側にかく動きが大きすぎる悪いS字ストローク
[画像のクリックで拡大表示]
たくさんの水をかいている感覚になるが、ストレートプルに比べて横方向の動きが大きいため、左右に蛇行してしまう恐れがある。
日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について