日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

ストレッチングタイムでスーッと伸びる泳ぎを習得

「バシャ、スー、バシャ、スー」の流れで泳ぎが見違える

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 前回(「入水前の腕の形が格好いいクロールのポイントだった」)から始まった、格好いいクロールをマスターするためのレッスン。クロールの腕の動きを、(1)腕が水に入る「入水」、(2)水中で腕を前に伸ばしたまま進む「ストレッチングタイム」、(3)指先で水を捉え、手のひら全体で面を作る「キャッチ」、(4)水を体に沿って太ももの位置までかく「ストローク」、(5)手を水の上に出す「リリース」、(6)腕を前に戻していく「リカバリー」の6行程に分けて学んでいく。前回、指先を水面に向けて斜めに真っすぐ(1)「入水」して、水面から5センチ下の深さを意識して腕を伸ばし、ストレッチングタイムにつなげて行くところまでは中央大学の高橋雄介監督に合格点をもらった。

 続く今回のレッスンでは、(2)「ストレッチングタイム」、(3)「キャッチ」までの動きを教わる。

ストレッチングタイムでは腕を伸ばす
[画像のクリックで拡大表示]
指先を入水した後は、水面から5センチ下の深さを意識して腕を伸ばし続ける。

 腕を水上で動かして入水させるまでの行程では腕の形を格好良く見せることを習得したが、ストレッチングタイムでは水中でスーっと伸びる感覚で泳ぐことがポイントになる。「両腕で常に水をかき続けるのではなく、水をかいた腕を入水させるまでの間に、もう片方の腕はストレッチングタイムでスーと進む間を持つことが大切です」と高橋監督が教えてくれた。

 言葉だけでは分かりにくいので、まずは高橋先生に“模範演技”を見せてもらうことになった。記者のレッスンを受けるまでの泳ぎは、右腕で「バシャ」っと水をかいて、すかさず左腕で「バシャ」っとかく感じ。泳ぎながら音を聞いていると、バシャ、バシャ、バシャ、バシャ…と続いていく流れだった。ところが、高橋監督の泳ぎでは、右腕で「スパッ」っとかいた後に、左腕が「スー」っと伸びるストレッチングタイムの間が入る。続けると、スパッ、スー、スパッ、スーといった滑らかな音が聞こえてくる。

ストレッチングタイムでは静かに「スー」っと進む
[画像のクリックで拡大表示]
高橋監督の“模範演技”では、左腕で「スパッ」っとかいた後に、右腕が「スー」っと伸びる間が入った。スパッ、スー、スパッ、スーといった流れで泳いでいく。伸びた腕は、肩、肘、手の順に少し下がる。
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について