日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

入水前の腕の形が格好いいクロールのポイントだった

指先から入水するためのトレーニングに肩が悲鳴!

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 今回からは格好いいクロールをマスターするためのレッスンに移る。これまで学んできたキャッチアップクロールでは両腕を真っすぐに伸ばして交互に回すだけだったが、いよいよ水泳選手のように力強く美しいストロークの習得を目指して行くわけだ。

 これまではクロールで腕を回す動きを大まかに「ストローク」と呼んでいたが、今後はきれいに効率良く泳ぐための正しい形を学ぶために、腕の動きを細分化して理解しなければならない。

 具体的には、(1)腕が水に入る「入水」、(2)水中で腕を前に伸ばしたまま進む「ストレッチングタイム」、(3)指先で水を捉え、手のひら全体で面を作る「キャッチ」、(4)水を体に沿って腿の位置までかく「ストローク」、(5)手を水の上に出す「リリース」、(6)腕を前に戻していく「リカバリー」の6行程に分かれる。

 そこで、中央大学の高橋雄介監督にこれらの6行程の“模範演技”を、プールサイドで行ってもらった。細かい教えはこれからのお楽しみということだが、ぱっと拝見したところ、肘や手首の角度が各行程で目まぐるしく変わり、左右の腕のコンビネーションも非常に複雑であることが伝わってきた。

腕の「ストローク」を6行程に細分化する
[画像のクリックで拡大表示]
(1)「入水」腕を前方に真っすぐ伸ばし、手のひらを下にむけて指先から水に入れる。(2)「ストレッチングタイム」腕を水中で前に伸ばす。(3)「キャッチ」指先から水を包み込むように手首を曲げ、手のひらで面を作る。(4)「ストローク」手のひらを進行方向の逆に向けたまま、真っすぐ後ろにかく。(5)「リリース」手を水の上に出す。(6)「リカバリー」親指を下、指先を後ろに向けたまま、肩甲骨の動きを使って腕を前に戻していく。

 高橋監督のエレガントなフォームを見せてもらった後で、さあ記者はどこまで真似できるか…。

 訳も分からず見よう見まねでやってみたが、記者の動きを撮った写真を見てみたら、真っすぐ伸ばした腕をただ回すだけになっていた。「初心者はだいたいこうなりますが、水泳技術が発達していなかった頃は、水泳選手も似たような泳ぎ方だったんですよ」と高橋監督。

記者はただ腕を回すだけのフォームになっていた
[画像のクリックで拡大表示]
肘や手首の使い方をまったく意識しないとこうなってしまう。
日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について