日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

ゴルフクラブのフィッティング、メーカーのスタジオで初体験

第4回、自分に合うヘッドとシャフトの組み合わせを探す

 池田 悟=日経Gooday

鬼編集長の業務命令で、「2年でシングルを目指す」という途方もない目標のゴルフ企画を担当することになった40代記者。前回、山口信吾先生からゴルフクラブにダメ出しをもらい、自分に合ったクラブを探すという、初心者にとっては大きな「難問」を抱えていた。そんなある日、会社からの帰り道で通りかかったビルに入ると、あれよあれよとクラブのフィッティングをすることに。

 ごくまれに仕事が早く片付いた日は、常からの運動不足を解消するために、少し遠回りに歩いてから帰宅するのが記者の習慣の一つになっている。

 我が「日経Gooday」編集部がある港区白金を出て、すぐ目の前にある「魚籃坂(ぎょらんざか)」を上り、「伊皿子坂(いさらござか)」に連なる小高い丘を越えた後、かの浅野長矩(あさのながのり)と赤穂浪士が葬られている「泉岳寺(せんがくじ)」の脇道へとたどる。およそ15分のウォーキングだが、足腰の衰えを防ぐ格好の散歩道である。

寄り道で飛び込んだヤマハのビルでクラブを握る

 そんな帰途の道すがら、偶然目にしたのが「YAMAHA」の文字だった。

今年7月にオープンしたフィッティングスタジオ。60分間(3240円・税込み、要予約)でドライバーのベストマッチングを探し出す。手ぶらで訪れてもいいが、使い慣れたクラブを持ち込めば、より精度の高いフィッティングが行える。



 今年40代半ばを迎えたのを機に、オヤジ記者は老後の愉しみの1つにしようとピアノを本気で習いたいと思っていた。読者の皆さんにはにわかには信じられないだろうが、小生、幼少のみぎりより、ベートーヴェンを愛聴し、ショパンをピアノで奏で、バッハをフルートで吹きこなしたほどの音楽愛好家であった。まっとうな道を歩んでいれば、今ごろは巨匠の道を進んでいる…予定だった。

『思いっきり、音楽。』

 ビルの玄関先にあるポスターの広告コピーを見た瞬間、かねてから気になっていた「ヤマハ大人の音楽レッスン」のパンフレットをもらうつもりで、なんのためらいもなくビルの中に飛び込んだ。実はこのビルこそが、ヤマハ東京本社であった。受付の女性に丁寧な案内と説明を受けた後、ある表示板がふと目に止まり、きびすを返した。

ヤマハゴルフスタジオ高輪

 ヤマハという社名を聞くと、真っ先にピアノやギターといった楽器を思い浮かべるに違いない。さもなくば、オートバイを挙げる人も多いだろう。 

 ん? ヤマハがゴルフ?

 …詳しい経緯は割愛するが、あれよあれよと話が進み、30分後にはゴルフスタジオの中でクラブをぶんぶん素振りしてスタンバイしていた。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について