日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

これで百発百中? “人間振り子”でパターの名手に!

第17回 パット上達の“三種の神器”でボールを真っ直ぐ転がす

 池田 悟=日経Gooday

鬼編集長の業務命令で、「2年でシングルを目指す」という途方もない目標のゴルフ企画を担当することになった40代記者。今回はスコアを大きく左右するパットについて、ゴルフ作家の山口信吾先生とのラウンドで学ぶことになった。ラインを読む、タッチを合わせる…といった極意を伝授されるのかと思いきや。

 プロゴルフの世界には、次のような格言があることをご存じの読者も多いかもしれない。

 「Drive for Show, Putt for Dough(ドライバーショットは見世物のため、パターはお金のため)」

 この言葉を象徴するような出来事が、つい最近のメジャートーナメントでも起こった。米国ワシントン州のチェンバーズベイで開催された「第115回 全米オープン」(2015年6月18~21日)でのことだ。

ティーショットからボールをつないで、つないで…。ようやくグリーンまで上手く運べても、そこから3パット、4パットでは、いつまで経ってもスコアアップにはつながらない。
[画像のクリックで拡大表示]

 うっかり見逃してしまったという読者のために、簡単に説明しておこう。ことは最終日の最終18番ホール、601ヤード・パー5で起こった。最終組のダスティン・ジョンソン(31歳)が、暫定1位(5アンダー)で先にホールアウトしたゴルフ界の若きホープ、ジョーダン・スピース(21歳)を1打差で追う。

たった1打のパットで8856万円がスルリ…

 ジョンソンは見事な300ヤード超えのドライバーショットを放ち、続くセカンドでも奇跡的なアイアンショットで、ピンそばおよそ4mにつける。絶好のイーグルチャンスをものにすれば、ジョンソンの劇的な逆転優勝。万が一外したとしても、2パットでプレーオフに持ち込める状況だった。誰しもが逆転でのメジャー初制覇を見届けることを望んでいたに違いない。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について