日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

100切り達成を支えた、ミラクル「8番アイアン」

第16回 コントロールショットに、転がしに、自在に操れ!

 池田 悟=日経Gooday

鬼編集長の業務命令で、「2年でシングルを目指す」という途方もない目標のゴルフ企画を担当することになった40代記者。6月某日、プライベートでのラウンドのこと。ついについに、その日がやってきた…。ドライバーを始めとするウッド系クラブでは「マン振り」を封印し、8番アイアンではアトランダム練習法と、転がしアプローチを繰り返してきた成果がうまく結果に結びついた!

 この連載が始まって以来、暖かいご声援を送って頂いている読者の皆様に、ご報告させて頂きたいことがある。残念ながら!? ご好評を頂いている「月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!」が終わる…わけではない。

 ちょっともったいつけてしまったが、皆様へのご報告とは、上記タイトルにもある通り。

 「100切りしたどぉ〜!!!

今年の春先から、意識的に8番アイアンの練習を積んできた成果が現れたようだ。記者の場合、5と6I、7と8I、9IとPWをペアとして考えて、アトランダム練習を続けてきた。(写真は、西宮高原ゴルフ倶楽部でのラウンドの模様)
[画像のクリックで拡大表示]

 昨年6月に、東京・銀座のゴルフバーなるところでティーオフ!?をして以来、ちょうど1年。やっと、やっと、やっと「100切り」を達成した。この連載でご指導して頂いているゴルフ作家の山口信吾先生をはじめ、いつも写真で“ナイスショット”を納めてもらっているカメラマンのM氏とⅠ氏、そして、ゴルフクラブをサポートして頂いているヤマハさん、カッコいいウェアをご提供してもらっているアンダーアーマーさん、この場を借りて御礼申し上げます。大変お待たせしました!!(ただし、プライベートでのラウンドだったので、オフィシャル記録ではないのですが…)

久々のラウンドなのにやけに順調だった

 6月某日。記念すべき100切りの達成は、「芝山ゴルフ倶楽部」(千葉県)でのことだった。同コースは「キャディーバッグの中にあるクラブはすべて使う」とのコンセプトで、レギュラーティーからの距離は6011ヤードと少し短いが、池やバンカーが随所に絡む“いやらしい”、いや、とても面白いコースである。鬼才デズモンド・ミュアヘッドが設計した芸術的造形美を持つコースとしても知られている。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について