日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

バンカーショットの極意は「砂を爆発させる!」

第15回 山口流“一発必脱”の線消し練習法で高く遠く

 池田 悟=日経Gooday

鬼編集長の業務命令で、「2年でシングルを目指す」という途方もない目標のゴルフ企画を担当することになった40代記者。自称、「バンカー好き」の記者の思い込みは、はかなくも砂上の楼閣として崩れ去ることに…。今回は、山口信吾先生による直伝の“一発必脱”バンカーショットに取り組んだ。

 昨年、13年半ぶりにゴルフを再開(関連記事:「13年ぶりにクラブを手にした40代オヤジでもシングルになれる!? 」)して以来、この連載で指導をお願いしているゴルフ作家の山口信吾先生から唯一、感心されるショットがある。

 それが、「バンカーショット」だ。

アゴの高いバンカーでも密かにへっちゃらだと思っていたが、「知らぬが仏」とは言ったもので…。
[画像のクリックで拡大表示]

 自分自身でも失敗は少ないほうだと思ってはいたが、山口先生からはときおり、

 「バンカーショットだけはシングル級の腕前ですね(笑)」

 と、冷やかされることしばしば。打ち出す方向に切り立った壁がある、いわゆる「アゴが高い」バンカーだろうと、1、2打目で打ち込んでしまったグリーンまでずいぶん距離があるフェアウェイバンカーだろうが、さほど苦手意識はない。まして、グリーンを囲むように設けられたガードバンカーからのショットなどは、ワクワクしてピンを狙いたくなるほどだ。

 「これまで、だてにバンカーに打ち込みまくってきたわけじゃない」。山口先生にも賞される“美技”の背景について、自分ではこう分析している。

 山口先生いわく、「バンカーショットでは、ボールの右手前からしっかりとクラブを砂に打ち込むこと。つまり、“ダフって”振り切ればよいのですから、決して難しいショットではありません」。この連載を開始した当初から、幾度も綴ってきたように、ダフるのはお手のものである。これがいい方に作用しているらしい。「ダフリ王」も、ことバンカーに立てば「水を得た魚」(?)となるのである。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について