日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

アプローチショットの練習が上達の早道になる!

第11回  「男の狩猟本能」が駆り立てられる? アトランダム練習

 池田 悟=日経Gooday

鬼編集長の業務命令で、「2年でシングルを目指す」という途方もない目標のゴルフ企画を担当することになった40代記者。今回はゴルフのスコアメイクに欠かせないショートゲームにおける、アプローチショットの練習に取り組むことになった。ゴルフ作家の山口信吾先生によれば、「アプローチの精度を上げれば、長いクラブも上手くなる!」とのこと。しかし、15ヤード先の目標に全然ボールが寄せられず…。

 この連載で指導をお願いしている山口信吾先生と一緒にラウンドしていると、ピンまで100ヤード以内のアプローチショットでミスをすることはまずない。それどころか、「魔法の杖をクラブに変えたのではないだろうか」と思えるほど、放たれたボールはほぼワンピン以内にピタリと止まる。シングルプレーヤーが「神」のように見えるシーンの一つである。

ラウンド後にアプローチショットをもう一度、山口先生にチェックしてもらう。「ボールを上げようとして手打ちになり、左肩が上がっています。股関節を使って重心移動をして腰を切る(回す)基本スイングを心がけてください」(山口先生)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、ケーススタディーとして、次のようなシーンを思い浮かべて頂きたい。

 パー5のロングホールでの3打目、グリーン手前のラフからピンまでの距離はおよそ20ヤード。グリーン上は緩やかな上りで、エッジ(芝を短くカットしたグリーンを囲むエリア)まではおよそ5ヤード。ライはやや勾配のある左足上がりで、芝は逆目。アプローチをワンピン以内に寄せればバーディーチャンス、2パットでもパーセーブは確定できる。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について