日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!

ウォーキングの基本は「腕の引き」と「骨盤の前傾」

肩甲骨と連動させることがポイント

 高島三幸=ライター

 前回は、見た目がかっこ悪いウォーキングの例や、そうなる主な原因を紹介した。2回目となる今回は、かっこよく見える歩き方、すなわち“体幹を使ったウォーキング”を紹介したい。そもそも、かっこよく見える理想のウォーキングとはどのようなものだろうか。

写真1◎ 体幹を使った理想の歩き方
[画像のクリックで拡大表示]
基本は、腕を後ろに引く際に肩甲骨をしっかり動かし(3)、片足が着地すると同時に、その足側の骨盤が前方に出るように意識しながら、体重を移動すること(4)。常に体の中心軸が少し前傾するよう心掛ける。

 金さんによると、3つのポイントがあるという(写真1)。1つ目は「腕の振り方」だ。ウォーキングの時に、腕を大きく前に振る人がいるが、「体幹ウォーキング」では、腕は後ろに引くことが鉄則。その際、腕を動かすだけでなく、肩甲骨をしっかり動かすように意識することが大事だという(写真1-(3))。

 2つ目は「体重移動」だ。片足が着地すると同時に、その片足の側の骨盤が素早く前方に出るように意識しよう(写真1-(3)→(4))。スムーズに体重が移動すれば、ムダのない歩き方になる。

 3つ目は「体の軸」だ。頭のてっぺんから足の裏まで1本の軸が通っているようにイメージしてみよう。その軸をほんの少しだけ前傾になるよう意識する(写真1-(5))。すると、着地時の衝撃を体幹で受け止めやすく、体がスムーズに前方へ移動できる。効率的に体重移動できれば、余計な部位に力が入らないため、長時間歩いても疲れにくくなるのだ。

 「これらの3つのポイントをふまえた歩き方と、自分の現状の歩き方を比較してみましょう。その違いを修正していくのが、『体幹ウォーキング』をマスターする近道です」と金さんはアドバイスする。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について