日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!

階段を使えば体幹ウォーキングは“筋トレ”になる!

ヒップの筋肉で体を持ち上げ、負荷をかける

 高島三幸=ライター

歩くだけで体が引き締まり、若々しさを取り戻せる「体幹ウォーキング」。プロ・ランニングコーチの金哲彦さんの指導のもと、体幹を動かすために必要な筋肉のほぐし方や使い方を学びながら、体幹ウォーキングのメソッドを習得してきた。今回からは、体幹ウォーキングを日常生活に積極的に取り入れ、歩くだけで「筋トレ」にできる方法をご紹介しよう。

 これまで、体幹ウォーキングをマスターするために必要な骨格筋のストレッチや動かし方を皮切りに、メソッドの主軸となる「腕振り」「骨盤」「着地」「重心移動」といった4つのポイントを学んできた。本連載が始まって以来、体幹ウォーキングにチャレンジしてきた読者の中には、「体が引き締まってきた」「歩くことが気持ちいい」と実感しはじめた人も多いのではないだろうか。

 そこで今回からは、これまでにマスターした体幹ウォーキングを日常生活で活用したトレーニング方法をご紹介しよう。「まとまった時間を運動に割けない」といった忙しいビジネスパーソンの悩みにも応えられる、歩くだけで筋トレになる “一石二鳥”の方法だ。

ヒップの筋肉を使って体を引き上げるように
骨盤を左右に回旋させた動力で片脚を引き上げ、階段の面に脚をのせる。ヒップに力を入れて、着地させた足裏でぐっと地面を踏み込むと、膝が伸びて上体が骨盤の真上に乗る。一歩ずつヒップを使って上るので、ヒップアップ効果が期待できる。
[画像のクリックで拡大表示]
骨盤を左右に回旋する動きがスムーズにできれば、自然と脚が前に出るので、“省エネ”で上れるようになる。普段、地下鉄の階段などを上っても疲れにくくなる。
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について