日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

世界の健康 早耳ダイジェスト

【韓国発】国民健康食「紅参」が飛び交う年末商戦

モメチョッタは最高の「お・も・て・な・し!」

 笹部佳子=COCORO

「体に良い」と聞けば臆することなく何でも試す、好奇心旺盛な韓国の人たち。昨今では、オーガニック食品やサプリメント、マクロビオティックといった海外トレンドも広く浸透し、健康ブームもユニバーサル化してきた。だが、それでも韓国の人たちが絶大な信頼を寄せるのは「韓方(ハンバン)」だ。韓国では「漢方」を「韓方」と表記する。その根底には、「その土地に自生した食べ物こそが、そこに住む人たちを健やかにする」との強い考えがある。これからの時期、韓国で昔から重宝されている「高麗人参」が、最高の「おもてなし」として飛び交う。

韓国漢方「韓方」の食習慣が今も根付いている

 韓国人と食事をすると、おいしい食事と共に必ず聞こえてくる「モメチョッタ(体にいいわよ)」という言葉。

 韓国宮廷時代劇『チャングムの誓い』の中にも、韓方(ハンバン)の知恵を駆使した豪華な宮廷料理が登場したが、古くから薬食同源(=医食同源)の考えが根付いている韓国では、食卓を囲んで連呼される「モメチョッタ」の言葉は、「ご馳走」と同じ意味を持つ。そんな料理を相手に振る舞い、振る舞われることは、この上ない韓国流の「お・も・て・な・し」になるのだ。

「五味五色」と呼ばれる、5つの味と5つの彩りで飾られた宮廷料理。松の実、なつめ、栗、ぎんなんをはじめ、生薬としても珍重される自然の素材をふんだんに使う。
[画像のクリックで拡大表示]

 どう見ても草や根っこにしか見えないトリッキーな食材でも、「モメチョッタ」と聞けば、ワシワシと食べる韓国の人の姿に最初は面食らったが、なるほど、そんな食生活を続けることでじわじわと力が湧いてくる。冬にはマイナス20度近くになる寒冷の地で、九州生まれの私が風邪ひとつ引かないことに、改めて韓国の食文化と“食育偏差値”の高さを思い知らされる。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について