日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

世界の健康 早耳ダイジェスト

【香港発】 新旧の共存と進化が進む“食い倒れの街”のヘルシー志向

定番の「アフタヌーンティー」と伝統の「亀ゼリー」が独自に進化

 甲斐美也子=香港在住ライター

摩天楼が建ち並ぶ大都会・香港には、英国植民地時代に入って来た優雅な食習慣や中国古来の健康の知恵、そして現代の欧米から伝わったトレンドが、不思議なバランスで共存している。その牽引役になっているのは、食いしん坊の香港人たちの飽くなき好奇心だ。

スパサロンで食べるアフタヌーンティーの進化系

DKアロマセラピーの「アロマセラピー・ハイティー・セット」は2人前で298香港ドル。アフタヌーンティーは予約が望ましい。

 「もうご飯食べた?」が日常の挨拶になるほど、食へのこだわりが強い香港人。レストランの栄枯盛衰も激しい香港で、次々と新作が発表され、レストランの話題作りに一役買っているのがアフタヌーンティーだ。

 紅茶、サンドイッチ、スコーンなどをセットにした伝統的な英国式は今や珍しく、チョコレートやマンゴ尽くしなど、お題を決めてみたり、ファッションブランドとのコラボでデザインに凝ってみたり。バラエティーの豊かさでは、本場英国をはるかに越えた独自の進化を遂げている。

 もう一つ、香港でここ数年、急激に盛り上がっているのが、オーガニックやベジタリアンなど、主に欧米から入ってきた食のヘルシー志向。かつては調理にたっぷり使用されていたラードや、MSG(グルタミン酸ナトリウム)などの化学調味料の未使用を掲げたり、中国本土から入る食材にスキャンダルが相次いで以来、出所の明確な安全な食材使用をうたう店が急増している。

 こうしたトレンドを一体化させた「食べて癒されるアフタヌーンティー」を発表したのは、レストランではなくスパサロン。エッセンシャルオイルやアロマセラピー製品の販売とスパ、カフェを兼ねた「DKアロマセラピー」だ。

世界各国のレストランが並ぶ中環・SOHOの一角にあるDKアロマセラピー(写真右手の黄色いひさしの店舗)。
オーナーのキャット・レイさん。店内には「DKアロマセラピー」のエッセンシャルオイルのほか、オリジナルティーやアロマセラピー用品などが並ぶ。

 経営者でこの道20年のアロマセラピスト、キャット・レイさんが、専門知識を生かして自らデザインしたアフタヌーンティーセットは、アロマセラピーに使うラベンダーやローズの高品質エッセンスオイルを使ったクッキーやチーズケーキ、有機小麦のパンと低脂肪チーズを使ったサンドイッチなど、軽めのランチやデザートにちょうどいい内容だ。

 食い倒れの街に現れた新顔は、健康志向と優雅さを融合させて、今後のアフタヌーンティーの進化の方向性を見せてくれている。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について