日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

世界の健康 早耳ダイジェスト

【ドイツ発】“肉とビールの国”で「プチ断食」ブームの兆し

ダイエット効果てきめん、不調軽減の口コミ効果が後押し

 柏原 文=ベルリン在住ライター

肉料理とビールがこよなく愛されるドイツでは、今、「プチ断食」がブームの兆しを見せている。かつてキリスト教の宗教行事として、心身の清浄を目的とする「断食」が行われていたが、今ではすっかりダイエットに近い「健康」を主体とするスタイルが広まっている。ドイツのプチ断食事情を紹介しよう。

四旬節をきっかけに、「プチ断食」で健康管理

 ドイツは今、キリスト教で最も重要な祭日である復活祭(2015年4月5日)を間近に迎え、店のウインドウはどこもかしこも、ウサギやたまごの形をしたチョコなどのデコレーションで埋め尽くされている。復活祭までの40日は「四旬節」と呼ばれ、かつては肉や卵、乳製品などを食べることが禁じられる「断食」の習慣があった。現代では無宗教化が進み、宗教的断食の習慣はもはや昔話に過ぎなくなった。

ドイツ国内で「断食」の話題が取り上げられると、たいてい野菜たっぷりの写真がセットになって紹介される。「断食」と言っても「全く飲まず食わず」ではなく、フルーツとジュースはOKというプチ断食を意味する。(©OSTSEE-ZEITUNG.DE)
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、四旬節の40日間をきっかけに、これまでのような宗教的な儀式ではなく、個人的な健康管理のために「プチ断食」をしている人たちが増えていることが、今年2月にドイツの保険会社DAKが公表した調査結果で判明。国内でちょっとしたブームの兆しを見せている。

 そもそも四旬節に断食する習慣が生まれたのは、古代から古代後期にかけてだとされ、復活祭に向けて自分の行いや生活を悔い改めることが目的だった。断食といっても完全に絶食するわけではなく、期間中は修道院で作られた「黒ビール」と「パン」が食卓に上ることが伝統となっていた。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について