日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 世界の健康 早耳ダイジェスト  > 【ハワイ発】自転車が新たなエクササイズの定番に
印刷

世界の健康 早耳ダイジェスト

【ハワイ発】自転車が新たなエクササイズの定番に

ウィンドサーフィンの聖地、マウイ島にバイクブームの波

 神宮寺 愛=ハワイ在住ライター

大自然に囲まれたハワイ。青い空にヤシの木が揺れる南島の陽気な雰囲気から連想されるエクササイズといえば、サーフィン、フラダンス、ヨガなどであろうか。そんなハワイにおいて、ロードバイクやマウンテンバイクといった「自転車」が、マウイ島とオアフ島、ラナイ島を中心に新しいエクササイズとしてブームになっている。

トライアスロン大会が伝えるバイクの魅力

 ハワイにおけるバイクブームの背景にあるのは、数々開かれる世界的なトライアスロン大会の存在だ。

 ハワイ島の「IRONMAN」、マウイ島の「XTERRA」など、ハワイはトライアスロンの世界大会の舞台になっており、大会シーズンを迎える10月が近くなると、バイクのトレーニングに入るアスリートたちが世界中から詰めかける。あちらこちらでバイクを走らせるアスリートたちの姿は、すっかり季節の風物詩だ。

ハワイ各島では、行政による健康増進策の一環として、安全にバイクに乗れる環境の整備が進んでいる。なかでもマウイ島、ラナイ島を抱えるマウイ郡は、2つのトライアスロンの大会が催されることもあり、住民にとってバイクが身近な存在だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 また、ラナイ島では、2009年に新設されたトライアスロン大会「TRILANAI」が、観戦客を呼び込み観光振興のきっかけになった。同時に、地元のスポーツ団体や学校、職場ぐるみで大会参加を促したり、地域ボランティアがイベントに関わったりしてきたことで、住民にとってもバイクがより身近になった。

 バイクブームを下支えする行政の取り組みも積極的だ。特にオアフ島やマウイ島では、新しい道にバイク用のレーンを整備したり、既存の道路にレーンを追加したりするなど、バイクで快適に走れる環境づくりが急速に進みつつある。

健康習慣の一環として行政がブームをサポート

 ハワイ各島の中でも、健康習慣としてのサイクリングのサポートに熱心なのが、「XTERRA」(マウイ島)、「TRILANAI」(ラナイ島)という2つのトライアスロン大会が開かれるマウイ郡だ。マウイ郡長を筆頭に、学校教員やコミュニティーメンバーなどで組織する「食生活&健康習慣改善連合」が音頭を取り、2008年以降、バイク用のレーンを拡大するなど、安全に自転車に乗れる環境作りを推し進めてきた。そのかいあって、健康のために学校や職場にバイクで通う人たちが今も増え続けている。

マウイ島の「XTERRA」でスタンバイされているバイク。マウンテンバイクを使ったオフロード版トライアスロンとして、世界各国から一流アスリートが挑戦する。
[画像のクリックで拡大表示]
マウイ郡の「食生活&健康習慣改善組合」のミーティングに参加するアラン・アラカワ郡長(写真中央)。地元の自転車愛好家、自転車ショップスタッフからレーンの設け方に関する意見を聞くなど、バイク環境の整備を熱心にサポートしている。
[画像のクリックで拡大表示]

 地元のバイクショップのスタッフは、「特にここ数年の人気をきっかけに、サイクリンググループのような団体を組織したり、そうした団体が一般道路を走るときのルールや注意点を教えるワークショップを行ったり、週末にサイクリング大会を催すなど、楽しくバイクに乗ることを目的にした地域活動が広がっています」と語る。

 マウイ郡の高原地帯は、各島の中でも、気候と自然環境がトレーニングに適しているといわれる。年間を通じてバイクトレーニングをするアスリートたちの姿が多く、大会出場に向けた調整のために島内に滞在する期間も長い。

 また、そもそもバイクトレーニングは、1970年代にウィンドサーフィンが盛んだったマウイ島に集まったサーファーたちの間で、足腰の筋力を強化する「陸上トレーニング」として取り入れられていた経緯もある。もともと、ブームが生まれる下地はあったのだ。

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.