日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > COML患者相談室  > 人工的に生かす治療をやめてほしい
印刷

COML患者相談室

人工的に生かす治療をやめてほしい

 NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)では、1990年に活動を開始して以来、医療に関する電話相談を実施しています。これまで、5万件を超える相談に対応してきました。この連載では、プライバシーに配慮した上でCOMLの会報誌に掲載された相談内容と、COMLからのアドバイスをご紹介します(本記事はCOML会報誌2015年2月号からの転載です)。

 2カ月前、1歳3カ月の三男が高熱を出し、いつもかかっている小児科クリニックに連れて行きました。

子どもが「脳死に近い状態」に。延命治療を継続すべきか・・・(©Andrey Malov-123RF )

 クリニックではノロウイルスによる高熱と診断され、「もしかしたら脳症になっているかもしれない」と言われ、大きな病院にクリニックから直接搬送されて入院となりました。病院では「かなり重症の脳症」と言われ、あっと言う間に意識がなくなってしまったのです。いまでは人工呼吸器につながれて、「限りなく脳死に近い状態」と言われています。

 毎日6~7本の点滴がおこなわれ、人工的に生かされている姿を見るのは父親として限界です。ドクターに「もう十分ですから、人工的に生かすのはやめてください」と伝えたのですが、ドクターは「治る可能性はない」と言う一方で、「親だったら、どんな状態でも生きてくれているだけでいい、できるだけの治療を続けてほしいと思うのが普通ではないですか?」と言って、まともに話し合う姿勢すら見せてくれません。医療ソーシャルワーカーに相談したら、ドクターと話し合ってくれたのですが、その結果、医療ソーシャルワーカーもドクターの意見に同調して私を説得する立場になってしまいました。

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.