日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > COML患者相談室  > 差額ベッド料に納得いかない
印刷

COML患者相談室

差額ベッド料に納得いかない

 NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)では、1990年に活動を開始して以来、医療に関する電話相談を実施しています。これまで、5万件を超える相談に対応してきました。この連載では、プライバシーに配慮した上でCOMLの会報誌に掲載された相談内容と、COMLからのアドバイスをご紹介します(本記事はCOML会報誌2015年1月号からの転載です)。

 68歳の父は自営業を営んでいたのですが、半年前に仕事場で倒れ、救急車で脳神経外科専門の病院に運ばれました。すぐに入院になり、脳梗塞と診断されました。しかし状態が落ち着いていたので、4人部屋で点滴による治療を受けていました。

 ところが入院して2週間後、突然、意識不明の状態になってしまったのです。ドクターからは「再び脳梗塞が起きて、今度は範囲も広く、意識に大きく影響を及ぼす場所」という説明があっただけで、それ以上詳しいことはわかりませんでした。急変した段階で人工呼吸器がつけられ、回復室という名前の病室に移動しました。看護師によると、「回復室はお部屋代はかかりません」とのことでした。その後、口から入れられていた人工呼吸器は、「長くなるから」と 気管切開して喉に装着されました。

納得できないまま、差額料金が発生する2人部屋に移された(©epstock-123RF)

 回復室に入って2カ月ほど経った頃、病院から電話があり、「意識不明の状態は変わりませんが、全身状態としては安定しています。回復室はより重症の患者さんのために空けたいので、2人部屋に移っていただきます」と言われました。電話ではいつ移動になるのかもわからなかったので、その日の夕方に病院に出向きました。

 すると、すでに父は2人部屋に移されていて、看護師に「今日から1日6,000円の差額ベッド料が発生しますから」と言われました。じつは、父は自営業がうまくいっていなくて、借金を抱えています。そのため、父が倒れてからは私が父の借金を肩代わりして支払っているのです。治療費も含めてかなり負担が大きいので、「月々 20万円近い 負担が増えるなんて、とてもお支払いできません。差額ベッド料の発生しない大部屋にしてください」と訴えました。しかし「大部屋はもう少し軽い状態の患者さんが入るので、お父さんは対象になりません」と 聞き入れてもらえませんでした。

 その後、何の説明もないままに、父の病室が別の部屋に変わっていました。そして、その月の請求書が届いたので見ると、請求総額は27万円を超えていて、これまでより4万円ほど高くなっていました。どういうことなのか尋ねたところ、1日7,500円の病室に入っていることがわかりました。

 これまでにも請求書が届くたびに差額ベッド料の同意書が同封されているのですが、私は納得がいかないので一度も提出していないし、差額ベッド料分は支払っていません。 回復室を出てから3カ月が経ち、病院から転院か退院をと促されました。いろいろと考えたのですが、転院すると費用が高くつくので、在宅介護をすることにし、3日後に退院の予定です。

 退院にあたっては、きっと差額ベッド料の支払いを請求されると思うのですが、支払うことに納得はいきません。どう対応すればいいのでしょうか。

COMLからのアドバイス
 

 回復室での治療の必要はなくなったとはいえ、大部屋では対応できない病状だから2人部屋で入院継続ということならば、ある意味「治療上の必要」ではないかと思います。そのあたりが病院とのやりとりで明確になっていなかったので、確認する必要性を説明しました。

 さらに同意書は、あらかじめ同意した旨を意思表示するためのものなので、あとから提出を求めるというのは本来おかしいことだと思います。病室が変更になるなら、そのたびに提出を求める必要があります。そのような病院側の不備については、冷静に話し合いながら指摘してはどうかとお伝えしました。

「賢い患者になりましょう」を合言葉に、患者が自立・成熟し、主体的に医療に参加することを目指して1990年に設立。患者と医療者が対立するのではなく、“協働”する医療の実現を目的としている。患者の悩みに対する電話相談、各種セミナー・講座などに積極的に取り組んでいる。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.