日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 1日1箱のタバコより格安! AGAを元から抑える方法
印刷

男こそアンチエイジング!

1日1箱のタバコより格安! AGAを元から抑える方法

“薄毛ホルモン”に変える元を薬で抑える

 伊藤和弘=フリーランスライター

年を重ねるごとに失われていく「男らしさ」。いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? 第一線で活躍する専門家たちに「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回は、男性にとって重要な悩み、AGA(男性脱毛症)について。頭髪治療の第一人者である、東京メモリアルクリニック・平山(東京都渋谷区)の佐藤明男院長に聞いた。

 多くの男性にとって、「ハゲ」はED(勃起障害)と並ぶ深刻な悩みだろう。頭頂部や額の生え際がどんどん薄くなるハゲ=AGA(男性型脱毛症)は男だけにかけられた呪いのようなものだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 EDは妻や恋人など特定のパートナーにしか知られないことが救いだが、ハゲは出会う人すべての容赦ない視線にさらされる。いくら髪型を工夫しても症状が進めば隠しようもないし、いいカツラもあるけれど、周囲にバレたときのことを心配する人もいるだろう。男も外見に無頓着でいられない現代、毎日鏡で頭頂部を確認してヒヤヒヤしている若者も多いかもしれない。

 アデランスが2007年に東京都内の成人男性7467人を調査したところ、「薄毛率」は26.8%だったという。「日本人男性は4人に1人がハゲということになる。欧米ではもっと多く、3人に1人と言われる」と話すのは東京メモリアルクリニック・平山(東京都渋谷区)の佐藤明男院長。これまでに7000人以上のAGA患者を診てきた頭髪治療の第一人者だ。

 女性にハゲが少ないことからもわかる通り、ハゲは男性ホルモンと深い関係がある。

 「テストステロン(男性ホルモン)は5α(アルファ)リダクターゼという酵素によって活性化し、DHT(ジヒドロテストステロン)に変わる。このDHTが毛根に働くとヘアサイクル(毛周期)の異常が起こり、うぶ毛の段階で髪が抜けてしまう」と佐藤院長は説明する。

1/3 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.