日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 心臓だってウコンでアンチエイジングできる!?  > 2ページ
印刷

男こそアンチエイジング!

心臓だってウコンでアンチエイジングできる!?

肝機能改善だけではなかった、クルクミンの驚くべき効果

 伊藤和弘=フリーランスライター

心不全の進行を抑える効果は薬と同じ!?

 心臓病で亡くなる人は想像以上に多い。厚生労働省の平成26年「人口動態統計」によると、心臓病はがんに続いて日本人の死因第2位。年間20万人近い人が亡くなっており、2014年に亡くなった人のうち、実に15.5%を占める(下グラフ参照)。

心臓病で亡くなる人は年間20万人近くいる(平成26年「人口動態統計」より)

 そのベースにあるのが心不全だ。

 ちなみに、心不全というと「心臓が止まること」(心停止)と誤解されることも多いが、そうではない。また、そういう名前の病気があるわけでもない。心不全とは「心臓のポンプ機能が低下し、全身に血液をうまく送り出せなくなった状態」と静岡県立大学薬学部分子病態学分野の砂川陽一助教は定義する。

 心不全には、心筋梗塞などで起こる急性心不全と、心臓弁膜症や心筋症などで起こる慢性心不全がある。慢性の場合はすぐに死ぬことはないが、むくみや息切れが起こるようになり、日常生活に支障を来す。砂川助教によると、「高齢者が心不全を起こすと、そのまま寝たきりになってしまうことも少なくない」という。

 心不全の原因のひとつが、心筋(心臓の筋肉)が厚くなる心肥大だ。心筋細胞の核の中にP300というたんぱく質があり、これが活性化することで心肥大が進む。メカニズムははっきりと分かっていないが、クルクミンにはこのP300の活性化を抑える働きがある(J Biol Chem. 2004 Dec 3;279(49):51163-71)。

 砂川助教たちは高血圧のラットと心筋梗塞のラットにクルクミンをのませ、心不全の進行を抑える効果を確認(J Clin Invest. 2008 Mar;118(3):868-78)。その効果は血圧を下げて心不全を予防する医薬品(エナラプリルマレイン酸塩)に匹敵したという(Cir J. 2010 Aug;75(9):2015-9)。

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.