日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

男こそアンチエイジング!

大革命か!? EDを治療するマシン「ED1000」の効果は?

薬が効かなかった人にも朗報! 衝撃波で血管新生を促す

 伊藤和弘=フリーランスライター

年を重ねるごとに失われていく「男らしさ」。いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? 第一線で活躍する専門家たちに「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう連載。今回は多くの男性が悩んでいる「ED(勃起障害)」でついに登場したED治療マシンについて。前回に続いて、順天堂大学医学部泌尿器科学講座の堀江重郎教授に解説してもらう。

 前回触れたように(「下半身」だけじゃない!“夢と冒険のホルモン”テストステロンのパワーの秘密」)、現在ED(勃起障害)にはバイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)といった内服薬が使われている。これらはPDE5阻害剤といって、どれも男性がコーフンしたとき勃起の邪魔をするPDE5という酵素を抑える働きを持っている。

 画期的な薬には違いないが、残念ながら「どんなEDもこれでOK!」とはいかず、効果がない人も3割くらいいるのが現状だ。また、心臓病に使われる硝酸塩系薬剤などをのんでいる人は危険なので使えない。そういえば昔、バイアグラを大量にのんで病院にかつぎこまれたお笑い芸人もいましたっけ。

 そんな中、なんと「EDを治すマシン」が登場した! 薬と違って誰でも使えるし、今のところ深刻な副作用はまったく報告されていない。これによって、「EDの世界で大革命が起きようとしている」と、順天堂大学医学部泌尿器科学講座の堀江重郎教授は言う。

EDを治すマシン「ED1000」写真提供:メディテックファーイースト
[画像のクリックで拡大表示]

 その名はED1000―。低出力の衝撃波をビビビビッと直接ペニスに当てることで、EDを治すという。直接、衝撃波!? そう聞くと思わず二の足を踏むが、「低出力なのでほとんど知覚できない程度の刺激。痛みはまったくないはず」と堀江教授は明るく笑う。

衝撃波を使って海綿体の血管新生を促す

 もともとイスラエルで開発された機械で、2010年に初めて論文が発表された。現在、イスラエル、インド、そして日本で臨床試験が行われており、米国でも近くFDA(食品医薬品局)の認可が下りそうな最新の医療機械だ。

 衝撃波を使った治療は、1980年代に確立した尿路結石破砕術から始まる。やがて衝撃波によってサイトカイン(生理活性物質)が放出されて「新しい血管ができる」作用がわかり、今世紀に入ってから狭心症の治療などにも使われるようになった。 ED1000はこれをED治療に応用したもので、「はっきりと確認されたわけではないが、海綿体の血管新生効果があると推測されている」と堀江教授。実際、ペニスの血管機能が高まることも確認されたという報告がある(Eur Urol 2010 Aug;58(2),243-8)。

[画像のクリックで拡大表示]

 具体的には、ペニスの5カ所に衝撃波を与える治療を20分程度行う。これを3週間で6回行い、3週間休んで、再び3週間で6回。つまり、9週間で合計12回行えば治療終了というわけだ。

 2011年から帝京大学医学部で、EDに悩む50代以上の中高年を対象に臨床試験が行われた。2012年の日本性機能学会での発表によると、27人中18人(67%)に勃起の改善が見られ、15人(56%)がセックス可能になったという。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について