日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 大革命か!? EDを治療するマシン「ED1000」の効果は?
印刷

男こそアンチエイジング!

大革命か!? EDを治療するマシン「ED1000」の効果は?

薬が効かなかった人にも朗報! 衝撃波で血管新生を促す

 伊藤和弘=フリーランスライター

年を重ねるごとに失われていく「男らしさ」。いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? 第一線で活躍する専門家たちに「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう連載。今回は多くの男性が悩んでいる「ED(勃起障害)」でついに登場したED治療マシンについて。前回に続いて、順天堂大学医学部泌尿器科学講座の堀江重郎教授に解説してもらう。

 前回触れたように(「下半身」だけじゃない!“夢と冒険のホルモン”テストステロンのパワーの秘密」)、現在ED(勃起障害)にはバイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)といった内服薬が使われている。これらはPDE5阻害剤といって、どれも男性がコーフンしたとき勃起の邪魔をするPDE5という酵素を抑える働きを持っている。

 画期的な薬には違いないが、残念ながら「どんなEDもこれでOK!」とはいかず、効果がない人も3割くらいいるのが現状だ。また、心臓病に使われる硝酸塩系薬剤などをのんでいる人は危険なので使えない。そういえば昔、バイアグラを大量にのんで病院にかつぎこまれたお笑い芸人もいましたっけ。

 そんな中、なんと「EDを治すマシン」が登場した! 薬と違って誰でも使えるし、今のところ深刻な副作用はまったく報告されていない。これによって、「EDの世界で大革命が起きようとしている」と、順天堂大学医学部泌尿器科学講座の堀江重郎教授は言う。

EDを治すマシン「ED1000」写真提供:メディテックファーイースト
[画像のクリックで拡大表示]

 その名はED1000―。低出力の衝撃波をビビビビッと直接ペニスに当てることで、EDを治すという。直接、衝撃波!? そう聞くと思わず二の足を踏むが、「低出力なのでほとんど知覚できない程度の刺激。痛みはまったくないはず」と堀江教授は明るく笑う。

衝撃波を使って海綿体の血管新生を促す

 もともとイスラエルで開発された機械で、2010年に初めて論文が発表された。現在、イスラエル、インド、そして日本で臨床試験が行われており、米国でも近くFDA(食品医薬品局)の認可が下りそうな最新の医療機械だ。

 衝撃波を使った治療は、1980年代に確立した尿路結石破砕術から始まる。やがて衝撃波によってサイトカイン(生理活性物質)が放出されて「新しい血管ができる」作用がわかり、今世紀に入ってから狭心症の治療などにも使われるようになった。 ED1000はこれをED治療に応用したもので、「はっきりと確認されたわけではないが、海綿体の血管新生効果があると推測されている」と堀江教授。実際、ペニスの血管機能が高まることも確認されたという報告がある(Eur Urol 2010 Aug;58(2),243-8)。

[画像のクリックで拡大表示]

 具体的には、ペニスの5カ所に衝撃波を与える治療を20分程度行う。これを3週間で6回行い、3週間休んで、再び3週間で6回。つまり、9週間で合計12回行えば治療終了というわけだ。

 2011年から帝京大学医学部で、EDに悩む50代以上の中高年を対象に臨床試験が行われた。2012年の日本性機能学会での発表によると、27人中18人(67%)に勃起の改善が見られ、15人(56%)がセックス可能になったという。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.