日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

男こそアンチエイジング!

脳卒中の前触れ?  EDは動脈硬化のサインかも

朝の生理現象は血管の衰えを表す

 伊藤和弘=フリーランスライター

年を重ねるごとに失われていく「男らしさ」。いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? 今回は、多くの男性が悩んでいる「ED(勃起障害)」について。順天堂大学医学部泌尿器科学講座の堀江重郎教授に2回にわたって解説してもらう。

 「哺乳類のオスは例外なく勃起して、子孫を増やす。勃起しないのは生物として大変なこと」と、順天堂大学医学部泌尿器科学講座の堀江重郎教授は言い放つ。

 セックスしたくても勃起しない状態には、かつて「インポテンス」(性的不能)というドSな言葉が使われていたが、最近はソフトに「ED」と呼ぶ。Erectile Dysfunctionの略で、「勃起障害」と訳される。日本性機能学会によると「75%以上の確率で、勃起が不十分なため満足なセックスができない」状態。全然立たないのはもちろん、“夜の打率”が3割を切っていたら、ほぼEDというわけだ。「中折れ」なども含まれる。

[画像のクリックで拡大表示]

 ここで「ドキッ!」とした人もたくさんいるに違いない。なにしろ、10年以上前になるが、日本性科学情報センターで行われた調査によると、当てはまる日本人男性は実に約1130万人! 40代の20%、50代の40%、60代の60%もいて、今や、おじさんになれば珍しい症状ではない(日本臨床60,200-202,2002)。みんな、内緒にしているだけなのだ。

EDは心臓病や脳卒中の前触れかもしれない?

 下半身の悩みの中でも、いちばん深刻なのがEDだろう。セックス自体ができないEDに比べれば、短小も早漏もぜいたくな悩みに過ぎない。しかも、話はそれだけで終わらない。

 「男性の血管は大厄の42歳頃から衰え始める。最初に表れる症状が勃起力。EDは最初の生活習慣病とも呼べる」と堀江教授は言う。

 ペニスの動脈は細いので、動脈硬化の影響が真っ先に表れる。つまり、EDは心臓病や脳卒中の前触れかもしれないというワケだ。

 たかが勃起、されど勃起。その偉業を達成するには、3つのハードルをクリアしなければいけない。まず、副交感神経が優位になること(リラックスした状態)、次にテストステロン(男性ホルモン)が充分あること、そして神経や血管の中からNO(一酸化窒素)が出てペニスの血管を広げることだ。年を取って「血管力」が衰えると、充分なNOが出なくなる。そして、勃起しにくくなってしまう。

 「心臓病や脳卒中もNO不足から起こるし、脳内でNOが出なくなると、うつ病になりやすくなる。実際、うつ病の人は1年くらい前から勃起しない」と堀江教授。

[画像のクリックで拡大表示]

 最近セックスをしていない人も、勃起力の衰えは「朝立ち」を見ればわかる。

 「40代で1週間朝立ちがなければ問題がある。朝立ちの回数が減ったということは、血管力が衰えているサイン。食事や運動など、改めて生活習慣を見直すきっかけにしてほしい」と堀江教授はアドバイスする。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について