日経グッデイ

男こそアンチエイジング!

「アンチエイジングドック」ってなんだ? 人間ドックとどう違うの?

筋肉、血管、神経、ホルモン、骨の5つを調べ、自分の“かくれ老化”を知る

 伊藤和弘=フリーランスライター

年を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回のテーマは自分の老化度を検査することができる「アンチエイジングドック」について。病的な老化の早期発見、予防にもつながるアンチエイジングドックとはどういうことを調べるのかを同志社大学大学院生命医科学研究科、アンチエイジングリサーチセンターの米井嘉一教授に解説してもらう。

 日本鋼管病院(神奈川県川崎市)の消化器内科医だった米井教授が日本初の「アンチエイジングドック」を開設したのは20世紀の終わり、2000年12月のことだった。

 まだ日本でほとんど知られていなかった「アンチエイジング医学」に興味を持った米井教授は、1999年に渡米し、専門病院や学会で多くの講習を受けた。アンチエイジングは「抗老化」と訳されるが、実際は「老化にあらがう」不自然なものではなく、「病的な老化を防ぐ」予防医学だと知る。

 人間は本来、120歳まで生きられるポテンシャルを持っているという。しかし、実際は多くの人が70歳や80歳で他界してしまう。それは病的な老化によって、がんや心臓病などの病気を引き起こし、寿命をまっとうできなくなるためだ。

 「その頃、ちょうど人間ドックの担当になった。がんや生活習慣病などを早期発見するのが人間ドックの目的。同じように“病的な老化”を早期発見、早期治療するドックは有意義ではないかと考えた」と米井教授は振り返る。

自分の“かくれ老化”を知ろう!

 人間の体は部位ごとに年齢(老化度)が異なる。例えば骨。骨密度が同じ50歳のレベルでも、実年齢が60歳なら問題ないが、40歳なら病的老化ということになる。一見ほっそりとしていても体脂肪率が高い人を「かくれ肥満」というが、これも外見からは分からないという意味で、“かくれ老化”と呼べるだろう。

 アンチエイジングドックでは、まず「筋肉」「血管」「神経」「ホルモン」「骨」という5項目それぞれの老化度を調べ、「年齢」で表す

 「すべてバランスよく老化しているのが自然な老化。それに対して、特定の部位だけ老化が進んでいるのが病的老化。実際にアンチエイジングドックを始めて、老化のしかたは人それぞれ、集団や職種によっても違うことが分かった」と米井教授は話す。

 例えばメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の人たちを見ると、5項目の中で血管が最も老化している人が50%、神経が最も老化している人が30%、骨が最も老化している人が15%程度になるという。一方、米井教授が現在在籍する同志社大学の教職員は骨と筋肉の老化が目立った。

 血管年齢が高いのは、動脈硬化が進んでいることを意味する。ご存じの通り、動脈硬化は脳卒中や心筋梗塞といった命にかかわる病気に直結する。「糖尿病、高血圧、高脂血症(脂質異常症)、タバコが動脈硬化の4大リスク。このリスクを減らしていくことで血管年齢が若返る」と米井教授。

 余談だが、筆者も血管年齢が高い。1年前にメンズヘルスクリニック東京(東京都千代田区)で「男性力ドック」を受けた結果(「“男の健康度”が分かる男性力ドック体験記」参照)、血管年齢が実年齢よりも10歳以上高くてショックを受けた。4大リスクの中では血圧も高めだが、いちばんの問題は脂質異常症。中性脂肪の数値が異常に高かった。これが動脈硬化を進め、血管年齢を上げているのだろう。

 骨年齢は骨密度で決まる。つまり、骨年齢が高い人は骨粗しょう症ということだ。

 「骨密度を高めるには、まずビタミンとミネラルの補給。よく知られているビタミンDやカルシウムの他にも、多くの栄養素が必要になる。さらにウォーキングやジョギングなど、骨に適度な刺激を与える有酸素運動をするといい」と米井教授はアドバイスする。

 ホルモン年齢は、成長ホルモンとDHEA(男性ホルモンの一種)の量で見る。睡眠中に分泌される成長ホルモンは肉体を修復する作用があり、アンチエイジングでは非常に重要なホルモン。スムーズに分泌させるには、睡眠と運動が大切になる。「睡眠時間が短い人は早く老ける」というのも、あながち俗説とは言えない。

自分の弱い部分を自覚、解消していくための方法

 筋肉、血管、神経、ホルモン、骨などの「各部位の年齢(老化度)」とともに、アンチエイジングドックで注目されるのは「危険因子」だ。「酸化ストレス」「糖化ストレス」「免疫ストレス」「心身のストレス」「生活習慣」をチェックし、その人にとって大きな危険因子が何かを探る。

[画像のクリックで拡大表示]

 同じ糖尿病であっても、人によって危険因子は違うという。一般に糖尿病は食生活と運動不足が原因と考えられているが、「糖の75%以上は筋肉で使われるので、筋肉が少ない人は糖尿病になりやすい。また、仕事のストレスで悪化している人もいる」と米井教授は指摘する。

 要するに、自分の弱い(老化している)部分と危険因子をきちんと認識し、日々の生活の中で解消していく――それがアンチエイジングドックの目的だ。

 ちなみに京都市上京区にある同志社大学のアンチエイジングドックは、税別で3万円、7万円、10万円の3コースがある。検査に要するのは2時間程度。30代後半から60代まで、多くの人が受診しているという。

 米井教授が始めたアンチエイジングドックも、この15年間でかなり普及した。

 日本抗加齢医学会のホームページには、北海道から沖縄まで全国27カ所(2015年8月現在)の「認定医療施設」が掲載されており、ここでアンチエイジングドックを受けられる。受診を考えている方は、ぜひ参考にしていただきたい。

(イラスト/うぬまいちろう)

米井嘉一(よねい・よしかず)さん
同志社大学大学院生命医科学研究科/アンチエイジングリサーチセンター 教授
1982年、慶應義塾大学医学部卒業。2000年、日本鋼管病院に日本初のアンチエイジングドックを開設。05年、同志社大学アンチエイジングリサーチセンター教授に就任。08年から同大学院生命医科学研究科教授と兼務。日本抗加齢医学会常務理事。著書に『なまけ者でも無理なく続く77の健康習慣』(ソフトバンク新書)など。
日経トレンディネット2015年08月20日付け記事からの転載です。