日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

男こそアンチエイジング!

仕事力に影響する!? あなどれない「ドライアイ」

メタボや運動不足の人は要注意

 伊藤和弘=フリーランスライター

歳を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回のテーマは「ドライアイ」。頭痛や肩こりはもしかしたらドライアイが原因かもしれない。目が乾いていると感じている人は要チェックだ。

 最近よく聞く「ドライアイ」とは、涙に異常が生じて、文字通り目が乾く病気。涙の分泌量が減る「量的な異常」と、涙が乾きやすくなる「質的な異常」がある。

 放っておいても失明することはないが、「目の痛み、頭痛や肩こりなど不快な症状に悩まされ、仕事の効率にも影響する」とドライアイ研究会世話人代表を務める慶應義塾大学医学部眼科学教室坪田一男教授は言う。また、一定の時間内で視力の変動を見る「実用視力」が落ちることもわかってきた。視力が不安定になるので、車の運転などは危険だ。

 約600人の医師や研究者が参加するドライアイ研究会では、「涙液および角結膜上皮の慢性疾患であり、眼不快感や視機能異常を伴う」と定義。(1)涙液の異常 (2)角結膜上皮障害 (3)自覚症状のうち、3つすべてに該当する人を「ドライアイ確定」、2つ当てはまる人を「ドライアイの疑い」としている。

 正式には医師に診てもらう必要があるが、大まかな診断は自分でもできる。坪田一男教授によると、「普通の人は1分間に20回前後まばたきをするが、ドライアイだと40回くらいに増える。また、10秒間目を開けていられなければドライアイと考えていい」という。「実用視力&ドライアイ測定」という無料のアプリもあるので、iPhoneユーザーはぜひ試してほしい。

[画像のクリックで拡大表示]
無料のiアプリ「実用視力&ドライアイ測定」(許可を得て転載)
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について