日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

男こそアンチエイジング!

子どもが欲しい? ならば、精子もアンチエイジング!

検査に行く前に自分でできる4つのセルフチェックとは

 伊藤和弘=フリーランスライター

 年を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回のテーマは「男性不妊症」。子どもが欲しいのになかなかできない場合、全体の40~50%は男性側にも原因があることが分かっている。子どもが欲しいのに1年間できない場合は不妊症を疑ったほうがいいそうだ。帝京大学医学部泌尿器科の木村将貴講師に不妊症にならないための対策やセルフチェック方法を解説してもらう。

 子どもが欲しくても、なかなかできない――。不妊症に悩んでいる人は決して少なくない。女性だけでなく、男性側に原因がある場合も多いことは今や常識だ。「全体の40~50%は男性にも不妊の原因があることが分かっている」と、帝京大学医学部泌尿器科の木村将貴講師は指摘する。

 この連載の「精子が老化する男としない男がいる!?」でも触れたように、卵子だけでなく、精子だって老化する。

 女性に比べれば個人差は非常に大きく、中には70代で子どもをつくれる男性もいるが、「一般に男性は40歳を過ぎると精子が老化し、妊娠させにくくなってくる」と木村講師。20~50代のオランダ人男性227人の調査から、年を取るにつれて精子のDNAが壊れていく割合が増えていくことが確認されている(J Androl. 2011 Jan-Feb;32(1):70-6)。

 また、5081人の精液を調べた結果、精子の数は35歳から毎年1.71%ずつ減り、精子の奇形率は41歳から毎年0.84%ずつ増え、44歳から精子の運動率が落ちていくことも分かった(Fertil Steril. 2013 Oct;100(4):952-8)。

 晩婚化がますます進み、最近は40代で結婚する人も決して珍しくない。不妊に悩む夫婦が増えるのも当然だろう。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について