日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

男こそアンチエイジング!

“夏ごもり老化”はプラス10分歩きで解消できる?

毎日の生活の中に“ほんの少しの運動習慣”を取り入れよう!

 伊藤和弘=フリーランスライター

 年を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回は、「暑いから」とこの夏あまり外に出なかった人は「老化」がはやまってしまうかもしれないという怖い話。“夏ごもり老化”に警鐘を鳴らす健康院クリニック(東京都中央区)の細井孝之副院長に解消方法について解説してもらう。

 夏になると暑くて食欲もわかず、たくさん汗をかくのでやせる――というのは昔の話。オフィスでも家庭でもエアコン常備が当たり前の現代では、外がいくら猛暑でも、屋内にいる分には快適に過ごせる。活動量が減るのに食べる量は減らないから、むしろ夏に太ってしまう人も珍しくない。

 「20歳を過ぎると、男性ホルモンや成長ホルモンの分泌が減り、日常の活動量も減っていくため、運動の習慣がない人はほぼ年1%ずつ筋肉が落ちていく。特に夏は外に出るのがおっくうになり、涼しい室内にこもる結果、筋肉の減り方が大きくなる。私はこれを“夏ごもり老化”と呼んでいる」と細井副院長は話す。

 筋肉が減ると基礎代謝が落ちて、食べる量が同じだと体脂肪も増えていく。これは一種の老化現象。夏に動かなくなることで、その老化がさらに加速するのが“夏ごもり老化”というわけだ。

 筋肉の減少はバカにできない。高齢になって立ったり歩いたりする機能が低下した状態を「ロコモティブシンドローム」(運動器症候群)と呼ぶが、これはメタボ、認知症と並んで「要介護をもたらす三大要因」のひとつとされる。筋肉不足で転倒して骨折し、そのまま寝たきり状態になってしまう高齢者も多い

 放っておくと減ってしまう筋肉の減少を抑えるには、“運動”するしかない

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について