日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

男こそアンチエイジング!

悩んでいるのはアナタだけじゃない! 40代から増える「ちょい漏れ」の謎

尿漏れは「ミルキング」と「骨盤底筋体操」で防ぐ

 伊藤和弘=フリーランスライター

年を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回のテーマは「用をすませた後の尿のちょい漏れ」。年を取ると誰もが経験はあるといわれる症状だ。さらに、若者でも悩む人が増えているとか。どうしてなのか、どうすれば改善するのかを、日本大学医学部泌尿器科学系主任教授、日本大学医学部附属板橋病院副院長の高橋悟氏に解説してもらう。

 駅のトイレであわてて用を足し、ホッとしてジッパーを上げた直後。居酒屋のトイレで用をすませ、ドスンと席に戻った瞬間。ジワッと股間に来るイヤ~な感触――。いや、量は大したことない。放っておけばすぐに乾く程度だ。しかし、これからはズボンの布地も色も薄くなる季節! 不快感もさることながら、誰かに気付かれたらどうしよう……。

 覚えがあるでしょう、ご同輩? ないとは言わせない。頻度はともかく、「オシッコ後のちょい漏れ」は男であれば年齢を問わず起こることだ。高橋教授は「若者でもピチピチのズボンをはいていると起こしやすいが、40代後半から増えてくる」と指摘する。

 2013年に152人の男性を対象に花王が行った調査によると、「ちょい漏れ」が気になる人は30代で18%、40代で21%、50代で32%、60代で34%、70代で36%となっていた(グラフ参照)。50歳を超えれば3割以上! みんな、口に出さないだけなのだ。

2013年花王リリーフ・スマートガード調べ
[画像のクリックで拡大表示]

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について