日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

男こそアンチエイジング!

“男の健康度”が分かる「男性力ドック」体験記

テストステロン剤の注射、効果には個人差

 伊藤和弘=フリーランスライター

年を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。前回に続いて、2014年に開業した日本初の男性専門クリニックをリポート、そして「男性力ドック」なるものを体験する。

 不肖ライター伊藤(47歳)、不惑を過ぎてから、健康にはそれなりに気をつけているつもりだ。スポーツクラブにも入会し、20年以上吸っていたタバコもキッパリやめた。

 それでも、深酒だけは直らない。飲み過ぎて吐くことはなくなったが、簡単に記憶が飛ぶようになった。以前からの脂質異常症(中性脂肪が高い)に加え、最近は血圧も高くなり、メタボにリーチがかかってしまった。考えてみれば、セックスもとんとご無沙汰だ。朝立ちはするけれど、なかなか「やる気」が起きない。昔に比べて気分が沈むことも多いし、これはもしかすると、「男性更年期障害」になりかけているのかも――。

 詳しくは過去記事「男なら知っておきたい! 実は命にかかわる「LOH症候群」ってなに?」で取り上げたが、男性更年期障害とは、年を取って精巣(睾丸)で作られるテストステロン(主要な男性ホルモン)が減ることでさまざまな不調を引き起こすこと。下半身だけに限らず、テストステロンは男性の心身の健康に大きくかかわっている。テストステロンが少ないと脳血管疾患、心筋梗塞、がんなど深刻な病気になりやすく、結果的に死亡リスクも高まるという(Circulation.2007 Dec 4;116(23):2694-701)。

 特に血液中のフリー(遊離)テストステロンが8.5pg/ml※未満になるとLOH(late-onset hypogonadism)症候群(=加齢男性性腺機能低下症候群)という「病気」と診断され、治療の対象に。ちなみに国内の潜在患者数は約600万人と推定されている。

 考えてみれば、テストステロンの数値なんて一回も調べたことないなぁ。というわけで、今月グランドオープンしたばかりのメンズヘルスクリニック東京(東京都千代田区)で、話題の「男性力ドック」(3万円、税抜き)を受けてみることにした!

※pg=ピコグラム。1兆分の1グラム
日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について