日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

男こそアンチエイジング!

男なら知っておきたい! 実は命にかかわる「LOH症候群」ってなに?

意欲減退に加え、脳疾患、心筋梗塞、がんのリスクも向上

 伊藤和弘=フリーランスライター

年を重ねるごとに失われていく「男らしさ」。いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? 第一線で活躍する専門家たちに「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回は、男性にもある更年期障害、「LOH症候群」について、順天堂大学医学部泌尿器科学講座の堀江重郎教授に解説してもらう。

 最近、なぜか気持ちが沈む。イライラする。頭が痛い。夜中に何度も目が覚める。セックスをする気が起きない。「朝立ち」がなくなった……。急にそんな症状が出てきたら、「男性更年期障害」かもしれない。

 女性と同じように、男性にも更年期障害があることはかなり知られてきた。年を取ってテストステロン(主要な男性ホルモン)が減ることで、さまざまな不調を引き起こす。テストステロン値は人によって異なるが、血中の遊離テストステロンが最低ラインの8.5pg/ml未満になると、LOH(late-onset hypogonadism)症候群と診断される。日本語に訳せば「加齢男性性腺機能低下症候群」。こうなると立派な病気だ。

 順天堂大学医学部泌尿器科学講座の堀江重郎教授によると、「日本のLOH症候群の潜在患者数は約600万人。60代以上の2割、50代以上の1割と言われる。早ければ40代でも起こる」という。

[画像のクリックで拡大表示]

 テストステロンが下がると、頭痛、不眠が続き、筋肉が減り、骨がもろくなるなどの身体症状が現れるが、それだけではない。精神面にも大きく影響しており、分泌量が減ると、意欲が衰え、気持ちが沈みがちになってしまう。実際、「テストステロンが低い人はうつ病になりやすい」という報告もある(Endocr J 59(12);1099-105,2012)。

 なぜ、そんなことが起こるのか?

 誰でも、些細なことでも何かしらの恐怖体験をしたことはあるだろう。今までの人生で体験した「恐怖の記憶」は、脳の扁桃体にためこまれ、普段は表に出てこないようになっている。「このフタをしているのがテストステロン。したがってテストステロンが少なくなるとフタが緩み、昔の恐怖体験がよみがえる。その結果、不安感が強くなる」と堀江教授は説明する。

 女性の更年期は閉経前後の5年程度で終わるが、男性の場合は放っておくとテストステロンは下がる一方。そのため、不快な症状がいつまでも続く。

 うーん、確かにうっとうしいけど、年を取ればホルモンが減るのは仕方ないよなぁ。LOH症候群といっても、がんや心臓病みたいに命にかかわる病気じゃないでしょ? と思っていたら、「放っといたら死んじゃうよ!」と堀江教授に一喝された。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について