日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

旬の食材 ヘルシーレシピ

+キノコで食物繊維を豊富に!カボチャのニョッキ

今月の食材 「カボチャ」

 

カボチャのニョッキ、レモンとシメジのソース

カボチャのニョッキ、レモンとシメジのソース
  • 調理時間 30分
  • 1人分 247kcal
  • 塩分 1.0g
材料(2人分)
  • ニョッキ
     カボチャ …… 1/6個(200g)
     水 …… 50mL
     薄力粉 …… 50g
     塩 …… ひとつまみ
  • ソース
     オリーブオイル …… 大さじ1
     レモン …… 1/2個
     塩 …… ひとつまみ
     シメジ …… 1/3個
  • 粉チーズ …… 適量
作り方
  • (1) カボチャはわたを取って1/6個をさらに4等分に切り、フライパンか鍋に入れて水を加えて蓋をし、軟らかくなるまで8~10分ほど蒸し煮にする。まだ水っぽい場合はフライパンや鍋をゆすって水分を飛ばし、麺棒でつぶす。レモンはスライスし、4等分にする。
  • (2) ボウルに薄力粉と塩を入れて混ぜ、(1)のカボチャを加えて手でしっかりとこね合わせる。まんべんなく混ざったら2等分して、直径1.5cm程度の棒状に伸ばす。これを1cm幅に切り、フォークですじ目を付ける。
  • (3) 鍋にたっぷりのお湯(分量外)を沸かして(2)をゆで、浮き上がったらザルに取る。
  • (4) フライパンにオリーブオイルを入れて加熱し、石づきを取ったシメジとレモンスライスを加えて炒め、塩で味付けする。
  • (5) (4)に(3)のニョッキを入れて絡めて出来上がり。器に盛り、粉チーズを振る。
ポイント

 食物繊維たっぷりのキノコとともに爽やかなレモンソースで。「生地をよくこねてグルテンを出すのがコツ。滑らかな舌触りになります」(成沢さん)。

フォークですじ目を付ける
 切った生地にフォークの裏で押してすじ目をつけておこう。ゆで時間が短くなり、ソースが絡みやすくなる。



(写真:鈴木正美/レシピ考案・料理:成沢正胡)

成沢正胡
料理研究家
和の懐石をメーンにした料理教室「うらら」を主宰。

出典:日経ヘルス2014年10月号

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について