日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

旬の食材 ヘルシーレシピ

トマトジュースでアレンジ! 鮭とトマトの冷や汁

今月の食材 「トマト」

 

鮭とトマトの冷や汁

  • 調理時間 5分(凍らせる時間は除く)
  • 1人分 209kcal
  • 塩分 0.4g
材料(2人分)
  • トマトジュース(食塩不使用) …… 400mL
  • 味噌 …… 小さじ1
  • サケフレーク …… 大さじ4
  • キュウリ …… 1/2本
  • ご飯 …… 150g
作り方
  • (1) トマトジュースと味噌を混ぜ、平たいバットなど保存容器に注ぎ入れ、冷凍庫に入れる。凍らせる途中で1時間から1時間半おきにかき混ぜ、それを2回ほど行ってシャーベット状にする。キュウリは小口の薄切りにする。
  • (2) 器にご飯を盛り、(1)のトマトジュース、キュウリ、サケフレークをのせて溶かしながらいただく。
ポイント

 冷や汁をトマト味にアレンジ。盛夏でも箸が進むさっぱり味に仕上がる。「トマトジュースにもうまみ成分のグルタミン酸が多く含まれ、だし代わりに使える」(藤井さん)。

1時間半おきに崩してふんわりとさせる
 平たいバットに入れて凍らせると使いやすい。途中で混ぜると仕上がりがふんわり軟らかになる。2週間くらい冷凍庫で保存できる。


(写真:鈴木正美/レシピ考案・料理:藤井 恵)

藤井 恵
料理研究家
管理栄養士。2人の娘の母親でもあり、家庭で作りやすく栄養バランスの良い料理が評判。

出典:日経ヘルス2014年8月号

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について