日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

旬の食材 ヘルシーレシピ

マイルドな酸味が絶妙! ミニトマトとウズラの卵のハニーピクルス

今月の食材 「トマト」

 

ミニトマトとウズラの卵のハニーピクルス

ミニトマトとウズラの卵のハニーピクルス
  • 調理時間 10分(漬け込む時間は除く)
  • ピクルス全量 570kcal
  • 塩分 11.2g
材料(作りやすい分量)
  • ミニトマト …… 1パック(200g)
  • ウズラの卵(水煮) …… 6個
  • パプリカ(黄色) …… 1個(400g)
  • 紫タマネギ …… 1/2個(100g)
  • A
     ハチミツ …… 大さじ3
     白ワイン …… 大さじ1
     白ワインビネガー …… 100mL
     水 …… 100mL
     塩 …… 小さじ1
     粒黒コショウ …… 5粒
     ローリエ …… 1枚
作り方
  • (1) ミニトマトはへたを取る。パプリカと紫タマネギは2cm角に切る。
  • (2) 耐熱ボウルにA、ミニトマト、パプリカ、紫タマネギを入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで約1分加熱する。
  • (3) ガラス瓶など保存容器に(2)とウズラの卵を入れ、30分以上漬け込む。写真は焼いたバゲットにオリーブオイルを塗り、その上に刻んだピクルスとベビーリーフを添えたアレンジ。
ポイント

 トマトを酢に漬けると、酢の酸味が和らぎ、マイルドな味わいに。「レンジで少し加熱すると味が染み込みやすい。冷蔵庫で1週間は保存できます」(藤井さん)。

皮ごと食べる
 ダイエット成分のトマトODAは、皮の部分に多く含まれるので丸ごと食べよう。皮にはリコピンや食物繊維も含まれ、お通じ改善や血糖値対策にもいい。


(写真:鈴木正美/レシピ考案・料理:藤井 恵)

藤井 恵
料理研究家
管理栄養士。2人の娘の母親でもあり、家庭で作りやすく栄養バランスの良い料理が評判。

出典:日経ヘルス2014年8月号

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について