日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

お腹ぺったんこ呼吸&腸はさみマッサージ

腸に刺激を!お腹を標的に「縮める」「ねじる」「回す」!

3つのエクササイズで、さらに腸スッキリ!

 

 これまで実践してきた呼吸法やマッサージだけでなく、エクササイズも腸の動きを高めてくれる。今回は3つの「腸エクササイズ」を紹介しよう。

日常生活で不足している3つの動きは 「縮める」「ねじる」「回す」

 腸にとって大切なのは「縮める」「ねじる」「回す」という3つの動きで、腹部を刺激すること。実はどの動きも、日常生活で不足している。

 これら3つの動きはマッサージと同じで、外から多方向に腸に刺激を加える。「特にねじる動きを、腸がねじれている人に薦めている」と久里浜医療センター 内視鏡健診センター部長 の水上健さんは語る。

 普段から意識して、「縮める」「ねじる」「回す」といった動きを行うようにするだけで、腸の動きが変わるはずだ。


ウエスト「ねじり」エクサ  脇腹を締めてウエストダウンにも

[画像のクリックで拡大表示]

 上体を左右へねじりながら、ゆったりと呼吸する。脇腹や背中、肩甲骨と肋間(ろっかん)の周りと、下腹部から胸の周りまでをほぐせる。イスに座り、上半身を左へねじって右手を左脚の外側へ回す。左手は背もたれをつかむ。息を吐きながらじわーっとねじる。

 反対も同様に。左右交互に10往復行う。


骨盤「回し」エクサ  お腹を回して腰の周りをほぐす

[画像のクリックで拡大表示]

 おへそで大きな円を描くように、上体だけを回す。腰の周りが満遍なくほぐれる。頭の位置は変えずに、お腹を伸び縮みさせて回すのがコツ。

 右回し、左回しを各10回行う。


日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について