日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

お腹ぺったんこ呼吸&腸はさみマッサージ

何も使わずたった3分、腸が動いて便秘すっきり!

第1回 腹式呼吸とマッサージで腸を揺さぶる

 

呼吸法とマッサージで、腸を体の内側と外側から刺激しよう。まずは、いつでもどこでもできて、お腹をぺたんこにへこませながら行う呼吸法「お腹ぺったんこ呼吸」をマスター。次に、どんな腸にも効く「腸はさみマッサージ」で仕上げれば、お通じはするする出ちゃいます! 4週にわたって、呼吸をさらに深くするテクニックや、腸のタイプ別マッサージを紹介。必ず腸がむくむくと動き始めます!

 「腸が停滞している感覚がある」「食事を工夫しているのになかなか便秘が良くならない」――そんな人には、「お腹ぺったんこ呼吸」と「腸はさみマッサージ」がお薦めだ。呼吸法は「体の内側」から、マッサージは「体の外側」から腸を刺激する。

 そもそも「便秘がひどい人ほど、呼吸が浅い傾向にある」と指摘するのは、看護師でコロンハイドロセラピストの齊藤早苗さん。息を深く吐けないことも特徴だという。

 なぜ、呼吸と腸が関係するかというと、次ページのレントゲン写真のように、呼吸に関わる「横隔膜」の動きが腸を揺さぶって刺激を与えるからだ。横隔膜の動きが大きい(=呼吸が深い)と、腸は大きく揺さぶられるが、小さいと腸はほとんど動かない。

 呼吸に詳しい理学療法士で文京学院大学准教授の柿崎藤泰さんは「デスクワークで胸を縮めていると、横隔膜の動きが制限される」と語る。つまり、デスクワークの時間が長いと、呼吸が浅くなり、ひいては腸が刺激されにくい、というわけだ。

 そこで、まずはデスクワークの最中でもできる基本の呼吸法「1本の糸呼吸法」を行ってみよう。「糸を吐くように、細く長ーく息を吐きながら、お腹をぐーっと絞っていくだけ」(齊藤さん)。これを繰り返すだけで「お腹がぐるぐると音をたてた!」という人もいるほどだ。

お腹ぺったんこ基本呼吸 1 : 1本の糸 呼吸法

細い糸を吐くように 30秒以上続けよう

 まず細ーい糸を口から出すように、小さく口をすぼめて、息を吐き続ける。お腹を強くへこませて吐ききったら、お腹を膨らませながら息を吸う。これを繰り返す。できるだけ細く長く行うといい。目標は30秒以上! 体が温まり、リラックス効果も得られる。

ここがポイント!
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について