日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

メタボ腹が凹む 1カ月サーキットプログラム

ハードなトレーニングで筋肉量アップ! 生涯「脱メタボ」

中野ジェームズ修一監修! たった5分「1日3メソッド+ストレッチ」で体が劇変【4週目】

 

年齢を重ねるにつれて“成長”し、立派に前へ突き出した「腹」。この腹を「男の貫録だ」のひと言で片づけてはいけない。ちまたでいわれている通り、メタボ腹の中には多くの健康不安の要因がため込まれている。この状態を是正するには、全身の筋肉量を増やして代謝を上げていくことが必要だ。「1日3メソッド+ストレッチ」、たった5分のプログラムを1カ月続けるだけで体は劇変する! ここまでのプログラムを着実に成功させてきたあなたの体は、筋肉が本来の能力をよみがえらせ、かなり動けるようになっているはず。いよいよ仕上げの4週目。また少し負荷を高めてみる。もちろん、無理は不要。気を楽にして挑戦しよう。

「筋トレなどの運動は“がんばろう”と励むほど続きません。続かない無理をするより、目標設定を下げて続ける工夫が大切です」

 「例えば、『半年で体重5kg減、ウエスト5cm減』という目標を立てたとします。そこに到達するには、1週間ごとで何に取り組むかという小さな目標を立て、一つずつクリアしていくことが大切。そんな成功体験の積み重ねが、運動を継続する自信になるのです」(フィジカルモチベーター・パーソナルトレーナーの中野ジェームズ修一さん)

 いよいよ1カ月プログラムも4週目を迎えると、そんな中野さんの言葉が実感できるはず。目に見える数値の変化は小さくても、あなたの体は確実に変化している。後は、ほんの少しずつ負荷を高めながら、運動が習慣になるまで続けること。

“小さな成功”の積み重ねが、やがて「メタボ改善」という大きな成果を呼び込むはずだ。

4週目~レジスタンス運動

レジスタンス運動 1~上肢クロスレッグプッシュアップ

 難度“E”に挑戦! 積み重ねた成功を発揮させよう。ひざを伸ばしてつま先で支えてプッシュアップ。負荷は高くなるが、“できない!”と拒むより、ちょっとだけ“挑戦”する気持ちで始めてみよう。腕を置く位置と広げる幅、ひじの向きによって、鍛えられる筋肉もさまざま。どこに効いているかを意識して行うといい。

[画像のクリックで拡大表示]
日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について