日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > ソニーの電子お薬手帳サービス「harmo」が札幌市でスタート
印刷

ソニーの電子お薬手帳サービス「harmo」が札幌市でスタート

 近藤 寿成=スプール

出典:日経デジタルヘルス 2015年5月25日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

harmoの利用イメージ

 ソニーは電子お薬手帳サービス「harmo(ハルモ)」の試験サービスエリアを2015年5月から拡大し、札幌市手稲区の医療機関での提供を開始した。

 harmoは、非接触ICカード技術「FeliCa(フェリカ)」を使い、薬局などで調剤された薬の履歴データなどをクラウドサーバー上で電子的に管理するサービス。FeliCaチップが埋め込まれたカードを薬局の端末にかざすだけで、調剤履歴の閲覧や調剤情報を記録することが可能だ。利用者はスマートフォン用の専用アプリから調剤情報を閲覧できるほか、服薬後の副作用やアレルギーなども記録できる。

 札幌市手稲区における提供は、札幌市の「手稲区保健情報連携システム検討会」と連携する。同検討会は、札幌薬剤師会手稲支部、札幌市医師会手稲区支部、札幌歯科医師会手稲支部、札幌市手稲区役所、札幌市消防局手稲消防署および北海道薬科大学の理解・協力のもとに委員が構成される。ソニーは賛助委員、手稲渓仁会病院は事務局として参画。地域住民の保健、医療、福祉の向上に寄与することを目的に、医療機関や行政機関などの情報連携について研究・検証する。

 harmoは神奈川県川崎市で初導入された。現在では全国で290を超える薬局が導入しており、利用者は約1万1800人に拡大。2015年6月からは、東京都世田谷区の薬局や東京都文京区の水野薬局にも試験サービスが提供される予定だ。

この記事は、日経デジタルヘルスからの転載です。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.