日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ニュース

術後死亡した11例の検証を受け病院長らが謝罪

千葉県がんセンター腹腔鏡手術事故

 土田 絢子=日経メディカル

出典:日経メディカル 2015年3月31日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

会見で説明する千葉県病院局長の矢島鉄也氏。

 千葉県がんセンターの腹腔鏡下手術による術後死亡を検証した第三者検証委員会は3月30日、報告書案を発表した。検証したのは2008年~2014年に消化器外科の腹腔鏡下手術を受け術後短期間で死亡した11例だ。保険を適用できない高難度手術を多く含むにもかかわらず、倫理審査委員会に諮っていない、診療科内における討議や組織間の情報共有が不十分、患者へのインフォームドコンセントが十分になされていない―など数多くの問題を指摘した。第三者検証委員会の委員長を務める多田羅浩三氏(日本公衆衛生協会会長)は、「新しい医療の追及はがんセンターの使命であるが、倫理審査委員会に諮って医療体制を整えることが決定的に重要。多くの事例でそうした整備が行われず、医師の独断が先行した」と主要な問題点を語った。

 報告書案の発表を受け、千葉県がんセンター病院長の永田松夫氏や千葉県病院局長の矢島鉄也氏らは記者会見を同日開催。「報告書案の内容を真摯に受け止め深く反省し、再発防止に努め、県民に安全で安心できる医療を提供できるよう取り組んでいきたい」(矢島氏)と謝罪した。

 なお、千葉県がんセンターでは、3月19日にも消化器外科でカテーテル治療後の死亡事例が発生し、新たな院内調査委員会が立ち上がったところ。その結果も踏まえて最終報告書を作成するが、ほぼ内容が固まったことを受けて今回、報告書案の発表に至った。

 検証された11例の術式は、腹腔鏡下で行われた膵頭十二指腸切除術3例、膵体尾部切除術1例、肝外胆管切除術1例、肝部分切除術2例、肝左葉切除術1例、胆管切除術・胆嚢切除術・胆管空腸吻合術1例、胃全的術1例、幽門側胃切除術1例だ。うち8例は肝胆膵領域を専門とするA医師が担当した。

 医学的な検証を行った日本外科学会によると、A医師は腹腔鏡下手術において一般術者と同等かそれ以上のレベルを有し、全国的にもリードする実績を持っていた。しかし、A医師による事例の多くは保険適応外であったが倫理審査委員会に諮っていなかった。また、極めて難易度の高い手術を腹腔鏡下で行い、無理な自動吻合器使用による血管壁の損傷や、再建挙上空腸のうっ血、重要脈管の誤認による切離などがあり、合併症や死亡に何らかの関連を有した可能性があった。

 千葉県がんセンターにおける膵頭十二指腸切除術の30日以内死亡率(2006~2013年度)は、開腹手術で0.41%(1/245例)、腹腔鏡下手術では6.2%(4/65例)と、腹腔鏡下のリスクが非常に高かった。A医師は、3月19日の死亡事例になったカテーテル治療も担当していたため、3月24日以降、病院長は診療行為を停止させた。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について