日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ニュース

活動量計機能も搭載、エプソンの初心者向けランニングウォッチ

 近藤 寿成=スプール

出典:日経デジタルヘルス 2015年2月4日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

カリビアンブルーモデル
[画像のクリックで拡大表示]

 セイコーエプソンは2015年2月4日、GPS機能を搭載するランニングウォッチ「WristableGPS」シリーズの新モデル「SF-110」を発表した。2015年2月13日に発売する(関連記事:エプソンが糖尿病患者向けウエアラブル、脈拍を基に「最適な運動療法を指南」)。

 SF-110は、同シリーズ最軽量となる約44gを実現するとともに、ランニング時の機能を使用頻度の高いものに絞ったビギナー向けのモデル。操作画面はシンプルで、GPS機能の初心者でも直感的に操作できるとしている。

 歩数や消費カロリー、移動距離など普段の活動を記録できる活動量計機能を備える点も特徴の一つ。データはその場ですぐに確認でき、本体に7日間分のデータを保存可能。ランニングやジョギングだけでなく、日常生活でも手軽に利用できる。

 GPS機能には、精度が高くサーチも高速な独自のGPSチップを内蔵。秒速測位で最大10時間の連続稼働が可能なほか、日本の真上を通過するため電波が建物などの影響を受けにくい準天頂衛星「みちびき」に対応する。

 GPSサーチの完了前でも計測を開始できる「スキップ機能」、GSP信号が届かないトンネルやスポーツジムなどでも走行距離やラップを計測できる「ストライドセンサー」を搭載。さらに、立ち止まったときに計測を一時的に自動で停止する「オートポーズ機能」、一定距離を走ったときに自動でラップ計測をする「オートラップ機能」なども備える。

 軌跡やラップなどの計測データは、スマートフォンやパソコンを使ってWebアプリ「NeoRun」にアップロードし管理・分析できる。オープン価格で、直販サイト「エプソンダイレクトショップ」での価格は1万9800円(税別)。カラーはブラック/グリーン/カリビアンブルーの3色。

この記事は、日経デジタルヘルスからの転載です。
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について