日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ニュース

群馬大病院、腹腔鏡での肝切除で8人死亡

倫理委員会を通さずに保険適用できない手術を実施

 加納亜子=日経メディカル

出典:日経メディカル 2014年11月14日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 群馬大学病院は11月14日、第二外科の40代男性医師による腹腔鏡下での肝切除後に、8人の患者が術後数週間から4カ月以内に死亡していたことを明らかにした。

 群馬大学病院の自主調査により発覚したもの。2010年12月から今年6月の4年間に第二外科が行った外科手術92例中、56例にこの手術を実施しており、このうち60~80代の患者8人が術後合併症で死亡していた。

 同病院によれば、この医師が行った腹腔鏡下肝切除術は保険適用できないもの。群馬大病院では、保険適用できない手術を実施する場合は、倫理審査委員会などで審査し検証した上で実施するとの規定があるが、同医師はこの手続きを行っていなかった。

切除後残存肝容量の評価が適切だったかを調査へ

 8月末より同病院は、外部の専門委員を含む院内調査委員会を立ち上げ、調査を実施している。現時点では手術と死亡との因果関係は明らかになっておらず、術前の予定切除肝容量測定や残肝容量の評価が適切に行われていたか、患者や患者家族へのインフォームドコンセントがしっかりとされていたのかなどを確認している。

 なお、同医師の処分は、調査の結果次第で決めるとしており、同病院第二外科の肝胆膵グループの手術は全例停止している。また、遺族には電話での連絡や自宅への訪問を行い、事情の説明を始めているという。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について