日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ニュース

まつ毛を伸ばし濃くする睫毛貧毛治療薬が登場

自由診療下での提供、1本2万円前後が相場

 小板橋律子=日経メディカル

出典:日経メディカル 2014年10月30日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 睫毛(しょうもう)貧毛症治療薬グラッシュビスタ(一般名ビマトプロスト)が、今秋、発売された。同薬剤は、緑内障・高眼圧症を適応で2009年に承認されたルミガンと同じ有効成分からなる薬剤だ。緑内障・高眼圧症治療薬として開発中に、副作用としてまつ毛の成長作用が見つかり、睫毛貧毛症治療薬として開発された。

 グラッシュビスタは、まつ毛が不足している、または不十分な状態にある睫毛貧毛症を対象とする。加齢などにより生じる特発性の貧毛に加え、円形脱毛症などの基礎疾患に由来するもの、抗癌剤などの投与による薬物誘発性の脱毛症が対象と考えられている。

 これまで、国内の美容関連のクリニックでは、ルミガンを適応外使用したり、医師が海外から個人輸入した薬剤を用いたまつ毛の治療が行われていたが、それらのクリニックにおいて、未承認薬からクラッシュビスタへの切り替えが、現在、進んでいるようだ。

 グラッシュビスタには薬価は付いておらず、自由診療下で提供される。医療機関により価格は異なるが、70日間使用する1本(5mL)を2万円前後で提供する医療機関が多い。

 「日本人女性の約8割は、自身の現在のまつ毛に満足していないとの調査結果がある。加齢とともにまつ毛は細く、短くなる傾向があることから、まつ毛の成長を促進する同薬剤へのニーズは高いだろう」と、東京ミッドタウン皮膚科形成外科Noage院長の今泉明子氏は語る。効果については、「1カ月で効果を実感する患者さんもいるようだが、他覚的にまつ毛の伸びが分かるまでには、4~6カ月程度継続して使用する必要がある」と説明する。

写真1◎ グラッシュビスタ(提供アラガン・ジャパン)
専用ブラシ(アプリケータ)に薬剤を1滴落とし、染み込ませて使用する。
[画像のクリックで拡大表示]
写真2◎ グラッシュビスタの投与法
専用ブラシで上睫毛の生え際に目頭から目尻方向に向けて1日1回塗布する。
[画像のクリックで拡大表示]
日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について