日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > ファンケルが遺伝子検査サービスに参入、“テーラーメードサプリ”で生活習慣病を予防
印刷

ファンケルが遺伝子検査サービスに参入、“テーラーメードサプリ”で生活習慣病を予防

「生涯を通じた継続的サポート」を訴求

 大下 淳一=日経デジタルヘルス

出典:日経デジタルヘルス 2014年10月22日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

専用サプリメントを手にするファンケルの池森氏(右)と、検査キットを手にする健康院クリニックの山崎氏(左)
[画像のクリックで拡大表示]
ファンケルヘルスサイエンスの青砥氏
[画像のクリックで拡大表示]
検査キットと、結果報告書など一式
[画像のクリックで拡大表示]
「健康カウンセラー」の指導を受けられる

 ファンケルヘルスサイエンスは、生活習慣病のリスクを遺伝子検査で判定し、罹患予防に向けた専用サプリメントや生活改善指導を提供するサービス「グッドエイジングプログラム」を、2014年11月1日に開始する(pdf形式のリリース)。50歳以上の中高年層をターゲットに、2017年度をめどに10万人を超える利用者を獲得し、数十億円規模の事業に育てる考え。同年10月21日に東京都内で発表会を開催した。

 発表会には、ファンケル 代表取締役会長 グループCEOの池森賢二氏が登壇。医療費の増大が深刻化している状況と、その背景に平均寿命と健康寿命のかい離があることを指摘した。その克服に向けて「そもそも病気を作らなければよいと考えたのが(今回の事業の)原点。遺伝子という個人情報を把握し、その人が将来病気にならないように予防することが大切だ」。

 続いて登壇したファンケルヘルスサイエンス 戦略推進本部長の青砥弘道氏は、これまで同社が手掛けてきたサプリメント(モノ)の販売から、今後は「健康サービスというコトの販売へ変革していく」と宣言。その中心的な取り組みになるのが、一生涯にわたって健康をサポートする今回のサービスだとした。「20年前にサプリメントという言葉を我々が初めて提唱したように、この業界にイノベーションを起こし、医療費削減に貢献したい」(同氏)。

肥満やインスリン抵抗性に着目

 一般消費者向け遺伝子検査サービスへの参入はここにきて相次いでいる。グッドエイジングプログラムの既存サービスと比べた特徴を、青砥氏は大きく3つ挙げた。

 第1に、検査メニューを「寝たきりにつながる、生活習慣病を予防するという観点から設定した」(青砥氏)。日本初の予防医療専門クリニックをうたう「健康院クリニック」担当医師の山崎義光氏の監修の下で検査メニューを開発。多くの遺伝子検査サービスでは学術論文などの文献を解析の根拠とするのに対し、今回は遺伝子検査サービスを手掛けるサインポストと組み、「豊富な臨床データに基づく、信頼性の高い検査項目を選んだ」(青砥氏)。

 検査では、郵送されてくるキットを使って利用者が口腔内の粘膜を採取し、返送する。これを基に、約300種類の遺伝子を解析。解析結果から、「肥満」「インスリン抵抗性(インスリンが働きにくくなった状態)」「体内老化(酸化・糖化)」という3つの基本項目を判定する。これらの項目は「動脈硬化をもたらす高脂血症や糖尿病の上流(原因)に位置する。“上流を抑える”のが動脈硬化予防の王道であり、そこに遺伝子検査が有効だ」(健康院クリニックの山崎氏)。

 3つの基本項目に加えて、「2型糖尿病発症リスク」など生活習慣にかかわるリスクを手軽に知ることができる「単品メニュー」6種類と、これらを総合的に検査する「セットメニュー」3種類を用意した。各検査項目では、日本人の平均リスクと比べた場合の利用者のリスクを5段階で評価する。

「ではどうすればいい?」に応える

 第2に、検査結果が出た後に「ではどうすればいいか、というアドバイスまで提供する」(青砥氏)。検査後はその結果と生活改善指導シートを郵送。これとともにファンケルが200人近くを抱える「健康カウンセラー」が利用者に電話し、食事内容や運動などの生活改善指導を行い、さらに「生活習慣サプリメント」と名付けた専用サプリを提案する。

 この専用サプリは、酸化や糖化をコントロールする「還元型ケルセチン」、筋肉や骨を強化する「ロイシン」など5種類がある。「体質や生活習慣を踏まえて(生活習慣病予防に)効果のある成分を通常のサプリよりも高濃度に配合した。“オーダーメード”に近いサプリだ」(同氏)。

 第3に、生活習慣サプリメントシリーズを定期的に購入した利用者を「グッドエイジング倶楽部」会員と認定。健康カウンセラーによる継続的な健康サポートや生活習慣サプリメントシリーズの特別割引などの特典を付与する。

 今回の遺伝子検査サービスの価格は、6種類の「単品メニュー」が各1万4800円(税込)、3種類の「セットメニュー」が各2万9800円(同)。生活習慣サプリメントシリーズの価格は、9180円(税込)~2万7000円(同)である。いずれも通信販売や直営店で販売する。

この記事は、日経デジタルヘルスからの転載です。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.