日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ニュース

ファビピラビル投与のエボラ出血熱患者が退院

フランス政府などがエボラ出血熱に対するアビガンの臨床試験を実施へ

 久保田文=日経バイオテク

出典:日経メディカル 2014年10月6日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 富士フイルムは2014年10月6日、エボラ出血熱に感染しファビピラビル(商品名アビガン)を含む未承認薬の併用療法を受けていたフランス人女性患者が治癒し、10月4日に退院したと発表した。

 女性患者は、リベリア共和国で医療活動に従事している最中にエボラ出血熱に感染していると判明。フランスへ移送され、病院で未承認薬を含む併用療法を受けていた。併用された薬剤や投与量などの詳細は明らかではないが、フランスの一部メディアは、ファビピラビルを含む3剤併用療法が実施されたと伝えている。ただし、そのうちの何らかの薬剤が効果を示したのかを含め、治癒した理由については明確になっていない。

 女性患者の治癒については、フランスの厚生労働大臣であるMarisol Touraine氏が声明で発表していた。富士フイルムは、フランスの政府機関であるFrench National Agency for Medicines and Health Products Safety (ANSM) から女性患者が退院したとの連絡を受けたという。

 加えて今回、富士フイルムはシエラレオネ共和国で医療活動に従事中にエボラ出血熱にかかり、ドイツ・フランクフルト大学病院に搬送されたウガンダ人患者にも、10月4日からファビピラビルの投与が始まったと発表した。ドイツからファビピラビルの提供依頼があり、富士フイルムが日本政府と協議の上で緊急対応した。

 さらに、フランス政府とギニア政府が2014年11月からギニアにおいて、エボラ出血熱に対するファビピラビルの臨床試験を実施することを検討しており、富士フイルムに薬剤提供への協力依頼があったことも発表された。フランスの一部メディアでは、数十人規模の患者を対象とした臨床試験だと報じられている。薬剤提供について、富士フイルムは今後、各国政府と協議しながら協力する予定だという。

この記事は、日経メディカルからの転載です。
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について