日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > ファビピラビル投与のエボラ出血熱患者が退院
印刷

ファビピラビル投与のエボラ出血熱患者が退院

フランス政府などがエボラ出血熱に対するアビガンの臨床試験を実施へ

 久保田文=日経バイオテク

出典:日経メディカル 2014年10月6日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 富士フイルムは2014年10月6日、エボラ出血熱に感染しファビピラビル(商品名アビガン)を含む未承認薬の併用療法を受けていたフランス人女性患者が治癒し、10月4日に退院したと発表した。

 女性患者は、リベリア共和国で医療活動に従事している最中にエボラ出血熱に感染していると判明。フランスへ移送され、病院で未承認薬を含む併用療法を受けていた。併用された薬剤や投与量などの詳細は明らかではないが、フランスの一部メディアは、ファビピラビルを含む3剤併用療法が実施されたと伝えている。ただし、そのうちの何らかの薬剤が効果を示したのかを含め、治癒した理由については明確になっていない。

 女性患者の治癒については、フランスの厚生労働大臣であるMarisol Touraine氏が声明で発表していた。富士フイルムは、フランスの政府機関であるFrench National Agency for Medicines and Health Products Safety (ANSM) から女性患者が退院したとの連絡を受けたという。

 加えて今回、富士フイルムはシエラレオネ共和国で医療活動に従事中にエボラ出血熱にかかり、ドイツ・フランクフルト大学病院に搬送されたウガンダ人患者にも、10月4日からファビピラビルの投与が始まったと発表した。ドイツからファビピラビルの提供依頼があり、富士フイルムが日本政府と協議の上で緊急対応した。

 さらに、フランス政府とギニア政府が2014年11月からギニアにおいて、エボラ出血熱に対するファビピラビルの臨床試験を実施することを検討しており、富士フイルムに薬剤提供への協力依頼があったことも発表された。フランスの一部メディアでは、数十人規模の患者を対象とした臨床試験だと報じられている。薬剤提供について、富士フイルムは今後、各国政府と協議しながら協力する予定だという。

この記事は、日経メディカルからの転載です。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.