日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

病院で受ける検査事典

おもながんの検査

多発性骨髄腫

たはつせいこつずいしゅ

手順

①血液検査(蛋白分画、Mピーク、免疫電気泳動)

  ▼

②尿検査(異常蛋白の検出)

  ▼

③骨X線単純撮影/CT/MR

  ▼

④骨髄穿刺(病理診断)

 Bリンパ球から分化した形質細胞(大部分は骨髄(こつずい)にある)ががん化し、異常な免疫グロブリンをつくり出すものです。生体が正常な場合は、細菌やウイルスに対し、生体はさまざまな免疫グロブリンをつくって防御していますが、骨髄腫がおこると単一のグロブリン(特定のクローン)しかつくられなくなります。あちこちの骨髄に同時多発的に発生するため、多発性と呼ばれています。

●おもな症状

 骨の痛み(腰や背中)、全身倦怠(けんたい)感、動悸・息切れなどの貧血症状、出血しやすい、免疫力の低下から感染しやすくなるなど。早期ではそれほど症状はないのが普通。進行した場合の特徴として、骨が溶けやすくなるためにちょっとしたことで骨折しやすくなります(病的骨折)。

血清蛋白分画が指標。病的骨折からの発見も

 病的骨折などの症状が出ている場合では、骨の単純X線で「抜き打ち像」と呼ばれる黒く抜けた所見(骨が溶けているため)がみられることがあります。これから骨髄腫が発見されることもあります。

 通常、とくに最近では検診での血液検査で発見されることが多く、血清蛋白分画(参照)でのM蛋白の増加が指標となります。M蛋白は、種類によっては尿中に多量に排泄されるものもあるので、尿検査(参照)も行われます。さらに、免疫電気泳動をはじめとする検査で、異常免疫グロブリンの検出が行われます。

 骨髄に針を刺して、骨髄液(細胞)を採取(骨髄穿刺(せんし))し、病理検査をして確定診断します。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について