日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

病院で受ける検査事典

おもながんの検査

悪性リンパ腫

あくせいリンパしゅ

手順

①血液検査

  ▼

②超音波/CT/MR /ガリウムシンチ/PET-CT

  ▼

③リンパ節の生検(病理検査)

  ▼

④リンパ管造影

 白血球の一種であるリンパ球ががん化する病気で、それがリンパ節や扁桃(へんとう)、脾(ひ)臓などの全身のリンパ組織で増殖してリンパ腫をつくります。造血器のがんの中では発生数が最も多く、白血病よりも多くなっています。腫瘍組織の違いから、ホジキン病と非ホジキンリンパ腫に分かれ、非ホジキンリンパ腫はさらに細かく分類されます。

●おもな症状

 初発部位は頸(けい)部(首)が最も多く、リンパ腫が触れるようになります。わきの下や鼠径(そけい)部などのリンパ節にも出やすいのですが、体の奥のほうでは気づきにくいです。その他、貧血、全身倦怠(けんたい)感、免疫力の低下から感染しやすくなるなどがあります。

血液検査と病巣の細胞診で診断

 血液検査では血液一般検査、凝固・線溶検査のほか、悪性リンパ腫細胞の検出が行われます。さらに、大きくなったリンパ節やリンパ組織に針を刺し、細胞を吸引して細胞診がなされます。ここで悪性リンパ腫の診断がつきます。くわしい分類のためには、病巣を試験切除して病理検査を行います。

 最近では、モノクローナル抗体を使った細胞表面マーカーの検索によっても種別の判定が可能になりました。

 病気の広がり具合をみるためには、PET-CT(参照)が威力を発揮し、リンパ管造影や超音波、CT、MR(参照)なども利用されます。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について