日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

病院で受ける検査事典

おもながんの検査

卵巣がん

らんそうがん

手順

①超音波/腫瘍マーカー

  ▼

②CT/MR/PET-CT

 かなり進行するまで自覚症状がなく、早期発見の難しいがんのひとつです。以前は罹患者数が少なかったのですが、検査機器の進歩で最近は多くみつかるようになりました。近い将来、死亡数で子宮がんを逆転する可能性もあると推測されています。

●おもな症状

 早期ではほとんど無症状。進行した場合、腹部膨満(ぼうまん)感、下腹部の痛み、排尿障害、便秘など。腹膜に転移すると腹水がたまります。その他、貧血、体重減少などがあります。

画像診断と腫瘍マーカーが中心

 婦人科の内診や直腸診によって、卵巣のはれやしこりに触れる場合もあり、これから発見されることもあります。たいていは画像診断と腫瘍マーカーが中心になります。卵巣は体の奥のほうにあるため、検査器具を挿入することができず、判定を難しくしています。それでも、腹部超音波(参照)や腹部CT(参照)、MR(参照)、PET-CT(参照)などを組み合わせて絞り込んでいくことで、がんの有無、大きさ、腹水の有無などがわかります。良性・悪性の区別もおおむね見当がつきます。とくに経腟超音波は、小さな腫瘍の鑑別に有効です。

 腫瘍マーカー(参照)としては、CA125 が高い陽性率(全卵巣がんで80%)を示し、そのほかCEAなども腫瘍の種類によっては使われています。腹水がたまっている場合では、穿刺(せんし)吸引細胞診(細い針を刺して細胞を採取し、病理検査する)を行い、診断に役立てます。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について