日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

病院で受ける検査事典

おもながんの検査

子宮がん

しきゅうがん

手順

〔子宮頸がん〕

①子宮頸部細胞診(擦過細胞診)

  ▼

②腟鏡診(クスコ診)/腟拡大鏡診(コルポスコープ診)/腫瘍マーカー

  ▼

③超音波/CT/MR /PET-CT

  

〔子宮体がん〕

①子宮内膜細胞診

  ▼

②子宮内膜組織診/腫瘍マーカー

  ▼

③超音波/子宮鏡検査

  ▼

④CT/MR /PET-CT

 子宮がんは、子宮の入口付近のくびれた部分にできる子宮頸(けい)がんと、子宮の本体部分にできる子宮体(たい)がんに分けられます。

 発生率としては2対1くらいで頸がんのほうが多いのですが、近年、体がんの占める割合が増えつつあります。

●おもな症状

 頸がん、体がんとも初期は無症状のことが多く、進行に伴い、不正性器出血、ピンクや茶褐色のおりものなどがみられます。頸がんでは、性交時の接触出血があることもあります。体がんでは、ほとんどの例で不正性器出血がみられています。

子宮頸がんは内診と細胞診でだいたいわかる

 子宮頸がんは、検診が普及した影響もあり、集団検診などで早期で発見される率が高まっています。一般に30歳以上が検診の対象になっていますが、20歳代でも必要性があるといわれています。

 最初は、検診でも実施されている子宮頸部細胞診(擦過(さっか)細胞診参照)を行います。綿棒やブラシを用いて子宮頸部をこすり、細胞を採取して病理検査を行います。

 細胞診でがんが疑われたら、腟鏡診(ちつきょうしん)(クスコ診)や腟拡大鏡診(コルポスコープ診)を行ってさらに精密に調べ、異常があればその部分の組織を採取して病理検査をします。

 腫瘍マーカー(参照)は、頸がんにはSCCなどが使われています。その他、必要に応じて腹部超音波(参照)や腹部CT(参照)、MR(参照)などを行います。

子宮体がんは組織診と画像診断が有効

 子宮体がんでは、細いチューブやブラシを子宮の奥のほうに入れて子宮内膜細胞を採取し、病理検査を行います(子宮内膜細胞診)。細胞診でがんが疑われたら、少し大きめに組織を採取して調べます(子宮内膜組織診)。

 腫瘍マーカーは、体がんの場合はCEA、CA125などが使われています。その他、がんの広がりや進展の具合を調べるには、経腟超音波(腟口から小さなプローブを挿入して行う)やMR、CTが有効です。内視鏡の一種である子宮鏡を用いることもあります。

 体がんでも出血がみられないこともあるので、無症状でも45歳を過ぎたら検診を受けることがすすめられます。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について