日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもながんの検査  > 乳がん

おもながんの検査

乳がん

にゅうがん

手順

①触診

  ▼

②マンモグラフィ/超音波検査/MR /PET-CT

  ▼

③穿刺吸引細胞診(病理診断)

  ▼

④試験切除による生検(病理診断)

 日本の乳がん患者数は近年増加しています。その要因として、動物性脂肪のとり過ぎ、出産率の低下、初産年齢の上昇など、生活様式の欧米化、女性の社会進出の一般化などが関連していると考えられています。

●おもな症状

 90~95%の人が、乳房にしこり(腫瘤(しゅりゅう))が触れることで発見されています。その他、乳頭からの血液のような、あるいはさらっとした感じの液の分泌などがあります。

自分でしこりを発見

 症状のところでも述べたように、乳がんでは自己チェック法がかなり広く知られているため、自分で定期的に調べてみることが好発年齢(40~60歳)になった人では、早期発見のために最も大切だといえます。

 専門医による検査でも、まずは触診から始まります。多くの人がしこりを訴えて受診していますが、実際にがんである率は低いので、あまり怖がらずに受診してみることが大切です。鑑別する病気として乳腺症、乳腺炎、良性の腫瘍などがあります。

画像診断でおおむね診断できる

 しこりから乳がんが疑われる場合には、マンモグラフィ(参照)や超音波でさらにくわしく調べることになります。マンモグラフィは乳房単純X線撮影で、乳房を上下左右、あるいは斜めにはさんで撮影し、腫瘍の影や石灰化像を写すことで診断します。

 ただし、若年の人では乳腺実質が豊富にあるため、マンモグラフィではうまく検出できません。そのため超音波が行われます。50歳以上の人では、マンモグラフィのほうがはっきりと検出することができます。とくに触診でしこりがはっきりしなくても、マンモグラフィではがんへの微細な石灰の沈着が写って診断できます。その他、MR(参照)、PET-CT(参照)を行うこともあります。

確定診断は細胞診で

 以上の検査の組み合わせで、乳がんの約80%は診断できます。

 それでもまだ確定できない場合には、穿刺(せんし)吸引細胞診(細い針を刺して細胞を採取し、病理検査する)を行います。とくに小さい腫瘤(しゅりゅう)では、細胞診は有効です。

 それでも確定できない場合には、試験切除(腫瘤部分を小さく切り取る)による生検を行います。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.